日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>FPTテレコム、W杯アジア最終予選を含むAFC主催大会の放映権を獲得
FPTテレコム、W杯アジア最終予選を含むAFC主催大会の放映権を獲得
2020/10/13 15:27 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) thanhnien

 FPT情報通信(FPT Holding)傘下のFPTテレコム(FPT Telecom)はこのほど、2021年~2024年のアジアサッカー連盟(AFC)主催大会に関する放映権を獲得したと発表した。ワールドカップ・アジア予選を含めた各試合の模様は「FPT TV」とオンライン動画配信「FPTプレイ」で配信する。

 FPTテレコムは同期間に開催される全てのAFC主催大会の放映権を獲得。具体的には、◇AFCアジアカップ、◇AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、◇AFCカップ、◇AFC U-23選手権本大会、◇FIFAワールドカップ・アジア最終予選を含む計1641試合を配信することが決まった。このうちベトナムの各代表チームとクラブチームが出場する可能性があるのは229試合。

 ワールドカップ・アジア予選では、パク・ハンソ監督率いるベトナム代表は現在アジア2次予選に参戦中で5試合を終えて首位に立っており、史上初の最終予選進出の可能性がある。同予選は、新型コロナの影響で延期になっており、ベトナム代表の残り試合は来年3月末から6月上旬にかけて開催予定。

 また来年のACLでは、ベトナムが久しぶりにストレートイン枠を得ているため、Vリーグの王者が本大会のグループリーグから登場する。ベトナムサッカーは近年、アジアでの存在感を強めており、多くのファンが自国チームの国際舞台での活躍を期待している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2020年10月12日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新ACL・AFCカップニュース
これより過去の記事は、ACL・AFCカップサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ベトテルFC 29 16 41
2 ハノイFC 37 16 39
3 サイゴンFC 30 19 34
4 タンクアンニン 27 26 31
5 ホーチミン・シティ 30 26 28
6 ベカメックス・ビンズオン 26 22 28
7 ホアン・アイン・ザライ 27 36 23
8 ホンリン・ハティン 19 24 20
9 SHBダナン 26 22 23
10 ソンラム・ゲアン 17 21 23
11 タインホアFC 16 22 21
12 ハイフォンFC 15 25 19
13 ナムディンFC 19 30 18
14 クアンナムFC 28 41 18
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 元日本代表MF松井大輔、ベトナム1部サイゴンFCに完全移籍 (3日)
【2】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
【3】 1部ハノイFC会長、グエン・クアン・ハイの海外移籍について言及「韓国や日本からオファー」 (2日)
【4】 1部HCMC、ブラジル2部グアラニからFWワギーニョを獲得へ (3日)
【5】 ベトナム代表DFドアン・バン・ハウが怪我を再発 W杯2次予選とスズキカップ出場に黄信号 (3日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved