日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
特集コラム記事一覧
 ブラジリアン柔術の世界王者エジソン籠原氏に独占インタビュー (8/6)
 アジアスポーツ柔術連盟(ASJJF)の会長で、世界王者に輝くこと3度のエジソン籠原(かごはら)氏が5月末にベトナム・ホーチミン市でブラジリアン柔術(BJJ)セミナーを開催した。ベトナム..>> 続き
 女子フットサラー杉山亜美さん、ベトナムの強豪タイソンナムFCで練習参加 (6/11)
 マレーシアで日本茶の輸入販売やカフェの運営などを手掛けた女性実業家の杉山亜美さんが6月上旬にベトナム・ホーチミン市を訪問して、現地の強豪クラブ「タイソンナム8区」の練習に参加し..>> 続き
 女子アジア杯開幕直前SP、初戦なでしこと激突するベトナムの注目選手を紹介 (4/6)
 AFC女子アジアカップ(兼FIFA女子ワールドカップ最終予選)が4月6日から20日までヨルダンで開催される。ベトナム女子代表(通称ゴールデンガールズ)は、自国開催した前回の女子アジアカッ...>> 続き
 ベトナムのスポーツ界で活躍する8人のホットガール (3/30)
 サッカー専門サイト「Bongda+」は3月27日のベトナムスポーツの日にあわせて、ベトナムスポーツ界で活躍する8人のホットガールの特集記事を掲載した。詳細は以下の通り。 1. グエン・...>> 続き
 Vリーグ2018シーズン開幕直前SP、この男たちに注目せよ! (3/4)
 Vリーグ2018シーズンが3月10日に開幕する。今シーズンから運営委員会の面子や冠スポンサーも変わって心機一転となるVリーグ。今年1月に開催されたAFC U-23選手権中国2018で、若きベトナム..>> 続き
 Vリーグ2018が3月10日開幕、観客動員増加に必要なこととは? (2/24)
 AFC U-23選手権中国2018でベトナム代表が史上初の準優勝という快挙を達成し、大いに盛り上がった1月。ベトナム全土が若きゴールデンスターの活躍に熱狂したのは記憶に新しいが、このサッカ...>> 続き
 川崎フロンターレ、ベトナム指導者派遣&ジャパンフェスでサッカー教室実施 (1/30)
 昨年、悲願のJ1初優勝を果たした川崎フロンターレの育成部及びスクール・普及コーチ陣が1月24日から28日の日程でベトナムを訪問し、ベトナム1部ベカメックス・ビンズオンの下部組織(U-14..>> 続き
 ベトナム遠征中の横浜FC、日越外交関係樹立45周年で現地クラブと親善試合 (1/23)
 J2横浜FCは、スポンサーであるLEOCの協賛により、1月16日から23日の日程で、ベトナム中部の直轄市ダナンにて、2018シーズンに向けた一次キャンプを実施した。横浜FCは、2016年にもベトナム...>> 続き
 クアンナムFC初優勝の立役者ディン・タイン・チュンがゴールデンボール受賞 (1/6)
 サイゴンザイフォン紙はホーチミン市内の劇場で1月2日、ベトナムサッカーの2017年度における最優秀選手を表彰する「ゴールデンボール・アウォーズ2017」の授賞式を開催した。注目されたゴ..>> 続き
 川崎フロンターレU-13、ビンズオン省で“東急電鉄の街づくり”社会見学&親善試合 (12/22)
 J1川崎フロンターレの下部組織であるU-13チームが12月15日から17日の日程でベトナム遠征を実施した。最終日の午前には、ビンズオン省の新都市区にあるタワーマンション「ソラ・ガーデンズ..>> 続き
 川崎フロンターレU-13がベトナム遠征、地元アカデミーと裸足で親善試合 (12/18)
 J1川崎フロンターレの下部組織であるU-13チームが12月15日から17日の日程でベトナム遠征を実施した。初日には、ホーチミン市フートーサッカー場で、ヌティフードJMGアカデミーのU-14チーム...>> 続き
 元名古屋デュリックスにグランパス25周年復刻ユニをお届け!の巻 (11/18)
 いつもニッチすぎるベトナムと東南アジアのサッカー情報を配信している「ベトナムフットボールダイジェスト」ですが、今回は少しだけ趣向を変えまして、筆者のライフワークであるサッカー..>> 続き
 過去20年で最高のベトナム人選手はだれ?ベスト10を発表(2) (11/13)
 S字型(昇り竜の形とも)の国土を持つベトナムは、これまでに多くのサッカーのタレントを育んできた。今回はそんな中から過去20年にベトナムが生み出した最高の選手トップ10を2回に分けて..>> 続き
 過去20年で最高のベトナム人選手はだれ?ベスト10を発表(1) (11/12)
 S字型(昇り竜の形とも)の国土を持つベトナムは、これまでに多くのサッカーのタレントを育んできた。今回はそんな中から過去20年にベトナムが生み出した最高の選手トップ10を2回に分けて..>> 続き
 SEA Games 2017で輝いた東南アジアの美女アスリート特集 (17/9/2)
 第29回東南アジア競技大会(SEA Games 2017)クアラルンプールは2週間の熱戦に幕を下ろした。今大会も数々のドラマが生まれたが、活躍した各国の女性アスリートの中には、その才能だけでな...>> 続き
 川崎フロンターレ、ベトナムの強豪SHBダナンに指導者を短期派遣 (17/8/6)
 J1川越フロンターレの育成部及びスクール・普及コーチ陣がベトナム中部ダナン市を訪問し、7月25日(火)~7月29日(土)の日程でベトナム1部SHBダナンの下部組織を対象に指導を行った。今..>> 続き
 川崎フロンターレ ダナン越日文化交流フェスティバルでサッカー教室を開催 (17/8/5)
 J1川崎フロンターレの育成部及びスクール・普及コーチ陣がベトナム中部ダナン市を訪問して、7月29日(土)と30日(日)の両日に、現地の子供らを対象としたサッカー教室『Children Footbal...>> 続き
 ベトナムサッカーはどこに向かうのか、U20W杯とHAGL信仰にみるこの国の未来(3) (17/7/25)
欧州サッカーの影響力拡大がもたらす“弊害”  現在ベトナムでは、欧州サッカーが圧倒的な人気を誇っている。特にプレミアリーグやチャンピオンズリーグの人気ぶりは、Vリ...>> 続き
 ベトナムサッカーはどこに向かうのか、U20W杯とHAGL信仰にみるこの国の未来(2) (17/7/22)
まさに“スター軍団”。国民的クラブ、ホアンアインザライとは。  ホアン・アイン・ザライFC(HAGL)はベトナム中部のザライ省プレイク市を本拠地とするVリーグの地方クラ...>> 続き
 ベトナムサッカーはどこに向かうのか、U20W杯とHAGL信仰にみるこの国の未来(1) (17/7/20)
ベトナムサッカーに差し込んだ一筋の光明、U-20W杯出場という歴史的快挙。  昼下がり、ハノイ市内のスポーツバー。全員がビール片手に、固唾をのんでスクリーンを見つめ..>> 続き
 “カンボジアのメッシ” J3藤枝ワタナカに独占インタビュー! (17/6/25)
 カンボジア王者ボーウング・ケット・アンコールから今季、J3藤枝MYFCに期限付き移籍した同国代表FWチャン・ワタナカ(23歳)。国内で得点王に2度、年間MVPに3度輝き、“カンボジアのメッシ...>> 続き
 “タイのメッシ”が札幌入り!日本に渡った東南アジア人選手をデータで振り返る (17/6/24)
 タイ1部ムアントン・ユナイテッド所属の同国代表MFチャナティプ・ソングラシン(通称ジェイ)が期限付き移籍でJ1北海道コンサドーレ札幌に加入し、6月20日に渡日した。158cmと小柄ながらス...>> 続き
 なぜベトナムサッカーリーグにはアフリカ人助っ人が多いのか?(3) (17/6/4)
助っ人選手たちの相次ぐ帰化  ベトナムサッカーリーグ(Vリーグ)の助っ人選手の中から、これまで数多くの帰化選手が誕生してきた。帰化にはいくつかの利点がある。ベトナ...>> 続き
 なぜベトナムサッカーリーグにはアフリカ人助っ人が多いのか?(2) (17/5/28)
アフリカ人選手が東南アジアを好むわけとは?  アフリカ人選手が1990年前後から、継続的に東南アジアに渡ってくるようになった背景にはいくつかの確固たる理由がある。 ...>> 続き
 なぜベトナムサッカーリーグにはアフリカ人助っ人が多いのか?(1) (17/5/21)
 ベトナムプロサッカーリーグ(Vリーグ)を語るうえで欠かすことのできないのは外国籍選手、すなわち助っ人プレーヤーの存在だ。お世辞にも高いとは言えないレベルのVリーグに、彼らがクオ...>> 続き
 第6回助っ人特集、クアンナムFCクラウデシール「ベトナム国歌は胸に響く」 (17/5/7)
 サッカー専門サイト「GOAL(ベトナム版)」はこのほど、Vリーグで活躍する外国人選手をインタビューする特集企画をスタートさせた。第6回はクアンナムFCでプレーするブラジル人FWドス・レ..>> 続き
 第5回助っ人特集、ロンアンFCオセニ「U17W杯優勝は一生の思い出」 (17/4/22)
 サッカー専門サイト「GOAL(ベトナム版)」はこのほど、Vリーグで活躍する外国人選手をインタビューする特集企画をスタートさせた。第5回はロンアンFCでプレーする元U-23ナイジェリア代表F...>> 続き
 第4回助っ人特集、タンクアンニンFCパティヨ「ここのサポーターは最高!」 (17/4/16)
 サッカー専門サイト「GOAL(ベトナム版)」はこのほど、Vリーグで活躍する外国人選手をインタビューする特集企画をスタートさせた。第4回はタンクアンニンでプレーするコンゴ人FWタンブウ..>> 続き
 もう一つのアジア頂上決戦、知られざるAFC CUPの魅力に迫る(3) (17/4/8)
大会方式変更によりチャンス拡大。期待の懸かるベトナム王者ハノイ  ベトナムクラブも、ほかの東南アジア諸国同様AFCカップ(ACC)では苦杯をなめてきた。過去にベスト4入...>> 続き
 もう一つのアジア頂上決戦、知られざるAFC CUPの魅力に迫る(2) (17/4/5)
苦戦を強いられる東南アジア勢、過去の戦績は中東クラブが圧倒  2004年から始まったAFCカップ(ACC)だが、その戦績は中東勢が圧倒している。2016年までの全13回のうち中..>> 続き
 もう一つのアジア頂上決戦、知られざるAFC CUPの魅力に迫る(1) (17/4/2)
 2月末にAFCカップ(ACC)のグループリーグが開幕し、アジア各地で熱戦の火蓋が切って落とされた。ベトナムからはハノイFC、タンクアンニンの2チームが参戦し、注目を集めている。 日本で..>> 続き
 第3回助っ人特集、サイゴンFCパトリック「サッカー人生は旅」 (17/4/1)
 サッカー専門サイト「GOAL(ベトナム版)」はこのほど、Vリーグで活躍する外国人選手をインタビューする特集企画の第3回目をリリースした。今回は、サイゴンFCの新戦力で、チーム内でエー..>> 続き
 第2回助っ人特集、HCMCディアチェンコ「レ・コン・ビン会長の存在は大きい」 (17/3/27)
 サッカー専門サイト「GOAL(ベトナム版)」はこのほど、Vリーグで活躍する外国人選手をインタビューする特集企画をスタートさせた。第2回はホーチミン・シティ(HCMC)でプレーするロシア..>> 続き
 東南アジアでプレーしたサッカー界のビッグネームトップ5 (17/3/26)
 世界のサッカー界を見てみると、引退間際に遠い異国でのプレーを選択したスーパースターは多い。今回は、キャリア終盤で東南アジアにやってきた5人の世界的プレーヤーを紹介する。 ..>> 続き
 ロシア系越僑ダン・バン・ラム「いつかベトナム代表正GKの座を掴みたい」 (17/3/21)
 ベトナム1部ハイフォンFC所属のGKダン・バン・ラム(23歳)がサッカー専門サイト「GOAL(ベトナム版)」のインタビューに応じて、今後の目標などについて語った。ロシア人の母とベトナム人...>> 続き
 第1回助っ人特集、ロンアンFCアポロン「ベトナム人選手はMLSでも通用する」 (17/3/19)
 サッカー専門サイト「GOAL(ベトナム版)」はこのほど、Vリーグで活躍する外国人選手をインタビューする特集企画をスタートさせた。第1回は今シーズンからロンアンFCでプレーするFWアシュ..>> 続き
 まず1冠! アルビレックス新潟シンガポール、開幕戦で逆転勝利 (17/3/1)
 4冠制覇という、まさにこれ以上ない最高の結果を出した2016年のアルビレックス新潟シンガポール。2017年は新指揮官&新メンバーのもと、昨年の結果が“フロック”ではなかっとことを示すた...>> 続き
 シンガポール代表の守護神ハッサン・サニー、J3鳥取の練習試合に参加 (17/2/12)
 シンガポール代表GKハッサン・サニーがJ3ガイナーレ鳥取の練習試合に参加することになったとシンガポールの英字紙TODAY(電子版)が報じました。12日に大阪・堺市のJ-GREEN堺で行われる仁..>> 続き
 ベトナム1部HAGLの元Jリーガーコンビ、井手口&モービーに直撃取材! (17/1/30)
 ベトナムは旧正月(テト)を迎え、Vリーグも短い中断期間に入った。選手たちはそれぞれの故郷に帰省しているが、外国人助っ人たちの多くは家族や友人と国内外を旅行しているようだ。ベトナ...>> 続き
 HCMCレ・コン・ビン会長に独占取材、新たな挑戦と札幌への愛を語る (17/1/29)
 昨年末のAFFスズキカップ2016を最後に惜しまれながらも現役引退したレ・コン・ビン。“ベトナムの英雄”と呼ばれ、ポルトガルや日本でもプレーして、ベトナム人選手の海外移籍のパイオニア...>> 続き
 飛躍を遂げたベトナムフットサルの秘密に迫る、同国“フットサルの父”に独占取材 (17/1/28)
 2016年はベトナムフットサルの躍進を世界に印象付ける1年だった。AFCフットサル選手権で、アジア王者日本を死闘の末に下してのベスト4進出に国民は熱狂した。しかし、これは序章に過ぎなか...>> 続き
 ベトナムスポーツ界“16年の顔”は史上初の五輪金メダリストのホアン・スアン・ビン (17/1/1)
 ベトナムスポーツ新聞はこのほど、文化スポーツ観光省やベトナムオリンピック委員会と協力して実施したベトナムスポーツ界で2016年に象徴的な活躍をした“今年の顔”の投票結果を発表した..>> 続き
 ベトナムフットボールダイジェストが選ぶ2016年の注目ニュース11選(2) (16/12/31)
 2016年もまもなく終わりを迎えようとしている。ベトナムサッカー界では、今年もいろいろな出来事が起こった。今回はベトナムフットボールダイジェスト運営者が今年アップした1000本あまり..>> 続き
1  |  2  |  3  |  
次のページ 
(1/3)

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 72 30 64
2 FLCタインホア 43 29 46
3 サンナ・カインホアBVN 33 27 43
4 ソンラム・ゲアン 38 32 42
5 タンクアンニン 40 39 35
6 ハイフォンFC 26 26 34
7 ベカメックス・ビンズオン 39 36 33
8 サイゴンFC 38 42 31
9 SHBダナン 38 49 31
10 ホアン・アイン・ザライ 41 53 31
11 クアンナムFC 37 45 31
12 ホーチミン・シティ 37 45 27
13 ナムディンFC 33 45 24
14 XSKTカントー 26 43 21
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 ベトナム女子サッカーリーグ準決勝で試合後に両チーム選手が大乱闘 (13日)
【2】 ベトナム女子リーグ、乱闘事件の当事者6選手に5ヶ月の出場停止処分 (15日)
【3】 ベトナム女子リーグプレーオフ準決勝、八木監督のハノイFCがPK負け (13日)
【4】 タイ代表、Jリーガー勢の招集不可で外国出身3選手を招集 (15日)
【5】 ベトナム女子リーグ2018、ハナムが女王HCMC1を下して初優勝 (9:28)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2018 All Rights Reserved