日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>もう一つのアジア頂上決戦、知られざるAFC CUPの魅力に迫る(1)
もう一つのアジア頂上決戦、知られざるAFC CUPの魅力に迫る(1)
2017/04/02 12:00 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) 片方明

 2月末にAFCカップ(ACC)のグループリーグが開幕し、アジア各地で熱戦の火蓋が切って落とされた。ベトナムからはハノイFC、タンクアンニンの2チームが参戦し、注目を集めている。

日本では、残念ながらAFCカップの知名度は非常に低い。この大会は、よくアジア版“ヨーロッパリーグ(EL)”という言い方をされる。つまり、日本でもよく知られているAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の一つ下のカテゴリーに相当する大会である。

 ヨーロッパリーグといえば、一般的にはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の陰に隠れた地味な大会、というイメージが強い。ただその一方で、コアなサッカーファンからの人気は非常に高いことでも知られている。

 サッカーファンを魅了してきたEL最大の魅力とは、やはり小クラブの躍進だろうか。ELに回ってきたビッグクラブは国内リーグを優先し、テンションが低いことも少なくないが、小クラブは必ずと言ってよいほど、大きな野望を抱き、全力で挑んでくる。近年ではコノプリャンカ(現シャルケ)やカリニッチ(現フィオレンティーナ)らを擁したウクライナのドニプロが決勝まで上り詰め、優勝を懸けて名門セビージャと激戦を演じたことは記憶に新しい。また今年のELでも、イスラエルのハポエルベアシェバがサウサンプトンやインテルといった強豪を押しのけてグループリーグを突破するというドラマもあった。そのような彼らの勇猛な戦いぶりが多くのサッカーファンを虜にしてきた。 

 バイエルンに所属するリベリーがかつて「ELなんて罰ゲームのようなもの」と発言し物議を醸したことがあった。しかし、小さな国のクラブにとってELは、それとは全く違った意味合いを持つ。国の代表として、そしてクラブの歴史と名誉を懸けてヨーロッパの舞台で戦う。ELは彼らにとってはまさに夢の舞台だ。

 話をACCに戻そう。アジア版ヨーロッパリーグというだけあって、ACCにもELと共通した部分が数多くあるように感じられる。ACCの主役も、やはり小国クラブということになるだろう。ラオスやベトナム、タジキスタンやヨルダンといった国々のサッカークラブを知っている人がどれだけいるだろうか。そのような名の知れていない小クラブ同士が、国を背負い、もう一つのアジアの頂を懸け激戦を繰り広げる。ACLに比べてレベルはかなり落ちるが、不思議と魅力を感じずにはいられない。

 ただその一方で、ELとACCには決定的な違いもある。現在ヨーロッパでは、ヨーロッパの主要リーグ(イングランドやスペイン、イタリアなど)にもELの出場枠が一定数振り分けられている。そのため、例年いくつかのビッグクラブがELに出場ことになる。今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドやインテルがその良い例だ。小国クラブが優勝するためには、名だたる強豪クラブを破る必要があることになる。

 一方アジアはというと、アジアサッカー連盟が独自に作成しているアジアランキング(AFC MA Ranking)の上位14か国にはACLの出場権のみが割り当てられる。(正確には西ゾーン、東ゾーンの上位7か国ずつ。)これらの国々のクラブはACLのみ出場が可能で、ACCには出場出来ない。つまり、ACLはランキング14位以上対象の大会、ACCはランキング15位以下対象の大会、と明確な線引きがなされている。ACCにアジアの強豪国のクラブが出場することはなく、中堅以下の国のための大会として位置づけられているというわけだ。

 ちなみに日本はというと、現在東ゾーン3位に位置しているため今シーズンACCの出場枠は割り当てられていない。また上位7か国から漏れたことは史上一度もなく、日本のクラブがACCに出場したことはまだない。そのため日本でACCの知名度が非常に低いのも、当然といえば当然だ。

筆者プロフィール
片方明(Katagata Akira)
東京外国語大学に在学し、現在はハノイに語学留学中。サッカー好きが興じ、昨年はイギリスの大学に短期留学しサッカー学を専攻した。ベトナムでも語学を勉強する傍ら、スタジアムに足繁く通っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2017年4月2日 片方明]. 
© Vietnam-football.com 2017 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新特集コラムニュース
これより過去の記事は、特集コラムサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 クアンナムFC 46 32 48
2 FLCタインホア 44 29 48
3 ハノイFC 54 31 46
4 タンクアンニン 42 34 43
5 サイゴンFC 40 29 43
6 サンナ・カインホアBVN 38 37 41
7 ハイフォンFC 35 33 38
8 ソンラム・ゲアン 36 36 34
9 SHBダナン 36 34 33
10 ホアン・アイン・ザライ 34 43 30
11 ベカメックス・ビンズオン 34 30 30
12 ホーチミン・シティ 29 46 25
13 XSKTカントー 32 50 22
14 ロンアンFC 30 66 10
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 FIFA女子ランク、ベトナムは1ランクダウンの32位、東南アジア2番手キープ (16日)
【2】 U-21国際サッカー選手権2017、昨年王者の横浜FCが白星発進 (15日)
【3】 U-21国際サッカー選手権2017、ベトナム選抜が初白星、横浜FCは2連勝 (17日)
【4】 インドネシア代表、来年1月にアイスランド代表と親善試合 (16日)
【5】 [M150カップ]ベトナムはコン・フオンの2発で開催国タイを下し3位 (16日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
 
Copyright ©Vietnam-football.com 2017 All Rights Reserved