日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>なぜベトナムサッカーリーグにはアフリカ人助っ人が多いのか?(1)
なぜベトナムサッカーリーグにはアフリカ人助っ人が多いのか?(1)
2017/05/21 12:30 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) bongda+

 ベトナムプロサッカーリーグ(Vリーグ)を語るうえで欠かすことのできないのは外国籍選手、すなわち助っ人プレーヤーの存在だ。お世辞にも高いとは言えないレベルのVリーグに、彼らがクオリティーをプラスしていることは明らかである。実際、多くのクラブがチームの“背骨”となるポジション、すなわちセンターバック、ボランチ、フォワードなどに外国籍選手を起用している。

 Vリーグ助っ人の特筆すべき特徴は、アフリカ人選手の多さだろう。今シーズン前半戦の全14チームの外国人プレーヤーを見てみると、実に28人中10人がアフリカ人選手であり、これは同じく10人の南米と並んで最大勢力である。J1はというと、助っ人の大半がブラジル出身選手であり、アフリカ人はFC東京のピーターウタカのみ。世界的に見ても、アフリカ人プレーヤーが外国籍選手枠の多くを占めるリーグは少数派といえるだろう。

 Vリーグクラブがアフリカ人助っ人を求める理由としてよく挙げられるのは、彼らのスピート、フィジカル、高さである。Vリーグの試合を見てみても、アフリカ人プレーヤーが圧倒的な高さで空中戦を制し、強靭なフィジカルで中盤を支配するシーンが目立つ。

 しかし、それだけがVリーグにアフリカ人選手が数多く在籍する理由になりえるだろうか?スピード、フィジカル、高さだけを求めるならばその条件に合致する選手は南米やヨーロッパにも山ほどいるはずだ。実際、Jリーグのクラブでもスピード、フィジカル、高さを助っ人獲得の基盤に据えるクラブは少なくないが、ほとんどの場合ブラジル人選手に落ち着き、アフリカ人助っ人獲得に至ることは極めて稀だ。

  1   2  
このエントリーをはてなブックマークに追加

[2017年5月21日 片方明]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新特集コラムニュース
これより過去の記事は、特集コラムサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 44 21 43
2 ホーチミン・シティ 31 23 38
3 タンクアンニン 33 28 31
4 ソンラム・ゲアン 24 20 30
5 ベカメックス・ビンズオン 26 24 29
6 クアンナムFC 33 27 28
7 SHBダナン 29 28 27
8 ナムディンFC 27 26 27
9 ベトテルFC 20 28 27
10 サイゴンFC 27 34 26
11 ハイフォンFC 27 33 26
12 タインホアFC 33 42 25
13 ホアン・アイン・ザライ 31 39 23
14 サンナ・カインホアBVN 24 36 20
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 U-16日越国際交流サッカー大会、ベトナムPVFの壮行会を日本大使館にて開催 (24日)
【2】 U-15国際サッカー選手権2019エースコック杯、バリア・ブンタウで8月末開催 (24日)
【3】 U-13国際サッカー選手権2019はタンクアンニンが優勝、横浜マリノスは最下位 (25日)
【4】 ベトナムのローカルサッカースタジアムに行ってみよう! (16/10/9)
【5】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved