日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>なぜベトナムサッカーリーグにはアフリカ人助っ人が多いのか?(3)
なぜベトナムサッカーリーグにはアフリカ人助っ人が多いのか?(3)
2017/06/04 10:30 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) bongda+, レ・バン・フー(左)

助っ人選手たちの相次ぐ帰化

 ベトナムサッカーリーグ(Vリーグ)の助っ人選手の中から、これまで数多くの帰化選手が誕生してきた。帰化にはいくつかの利点がある。ベトナムでの永住権を手にできるほか、外国人枠外でのプレーが可能となり、もし所属チームを解雇された場合でも再就職先のチームを見つけやすくなる。そのため5年以上ベトナムでプレーし、条件を満たした選手はベトナムへの帰化を望むことが少なくない。

 ただ、所属チームから帰化申請を打診される選手はほんの一握りだ。帰化申請は困難を極めるうえ、結果として認められない場合もある。また、Vリーグでは各チーム帰化選手は1人しか所属できないため、クラブ側がその選手選びに慎重になるのも頷ける。クラブとしては当然、帰化申請を行った選手には長期間活躍を期待しているため、年齢やその時の調子も重要な判断材料となる。

帰化プレーヤーの代表入りはあるのか?

 多くの帰化プレーヤ―がVリーグでプレーするなか、現在ベトナム代表への帰化選手の招集は認められていない。これは代表の純血を望む声と、代表は純ベトナム人選手のための場であるべきという意見が尊重されているためである。過去に何度か帰化選手の代表入りが認められたこともあるが、2008年以降は1人も代表に招集されていない。

 だが、ここ数年、帰化選手の代表入りを支持する声が高まっている。現ベトナム代表監督のグエン・フー・タン氏も帰化選手の招集を望んでおり、「私は代表を強くするために最高のプレーヤーを加えたい。我々は純ベトナム人選手と帰化選手とを区別すべきではない。」と述べている。ベトナムサッカー連盟(VFF)のチャン・クオック・トゥアン副会長はこの発言を受け、将来的な帰化選手の招集について前向きに議論すると話したが、現在まで実現には至っていない。

  1   2  
このエントリーをはてなブックマークに追加

[2017年6月1日 片方明]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新特集コラムニュース
これより過去の記事は、特集コラムサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 44 21 43
2 ホーチミン・シティ 31 23 38
3 タンクアンニン 33 28 31
4 ソンラム・ゲアン 24 20 30
5 ベカメックス・ビンズオン 26 24 29
6 クアンナムFC 33 27 28
7 SHBダナン 29 28 27
8 ナムディンFC 27 26 27
9 ベトテルFC 20 28 27
10 サイゴンFC 27 34 26
11 ハイフォンFC 27 33 26
12 タインホアFC 33 42 25
13 ホアン・アイン・ザライ 31 39 23
14 サンナ・カインホアBVN 24 36 20
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 U-16日越国際交流サッカー大会、ベトナムPVFの壮行会を日本大使館にて開催 (24日)
【2】 U-15国際サッカー選手権2019エースコック杯、バリア・ブンタウで8月末開催 (24日)
【3】 U-13国際サッカー選手権2019はタンクアンニンが優勝、横浜マリノスは最下位 (25日)
【4】 ベトナムのローカルサッカースタジアムに行ってみよう! (16/10/9)
【5】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved