日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>川崎フロンターレ、ベトナムの強豪SHBダナンに指導者を短期派遣
川崎フロンターレ、ベトナムの強豪SHBダナンに指導者を短期派遣
2017/08/06 10:00 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) ベトナムフットボールダイジェスト

 J1川崎フロンターレの育成部及びスクール・普及コーチ陣がベトナム中部ダナン市を訪問し、7月25日(火)~7月29日(土)の日程でベトナム1部SHBダナンの下部組織を対象に指導を行った。今回の活動は、国際交流基金アジアセンター、Jリーグ、日本サッカー協会(JFA)が共同で実施しているASEAN 10か国におけるサッカー交流事業の一環として実施したもの。川崎は、昨年末に東南部ビンズオン省でも同様の活動を行っている。

関連記事

 SHBダナンのトップチームは、Vリーグ優勝3回、ベトナムカップ優勝2回を数える強豪クラブ。下部組織も非常に強く、アンダー世代の国内選手権で優秀な成績を収めている。因みに、トップチームのレ・フイン・ドゥック監督は、現役時代にMVPを3度受賞したベトナムサッカー界のレジェンド。2001年には、中国の重慶力帆と契約を交わして、ベトナム人選手の国外移籍第1号となったことでも知られる。

 SHBダナン下部組織の選手たちは、市内郊外にあるSHBダナンスポーツセンターで寮生活をおくっており、今回の川崎コーチ陣による指導も、広大な施設内にある人工芝の練習場で行われた。川崎コーチ陣は、既に何度かベトナムに来ている面々が多いということもあり、今回は指導の際、できる限り現地の言葉を使うよう努力していた。

 今回の指導者派遣では、午前と午後の2部制で5日間にわたってSHBダナンのU-13とU-15チームをみっちり指導。最終日には、練習の合間で、互いにずいぶん打ち解けた様子がうかがえた。特にU-15チームは、明るいキャラクターの選手が多く、片言の英語で川崎コーチ陣と積極的にコミュニケーションを図っていた。

 レベルについては、セレクションでベトナム全国から集められた精鋭だけあり、選手たちの吸収力は非常に高く、川崎コーチ陣は、チームとなったときの組織力には改善の余地が大きいとしながらも、個々のテクニックについては高く評価した。

 最後となった練習後の挨拶では、川越達也コーチが、「この中からいずれベトナム代表の選手が育ち、将来、ワールドカップの舞台で日本代表と対戦する日が来るのを心待ちにしています。」と語り、練習に参加した選手たちは、「川崎のコーチは、みな親しみやすく、とても熱心に教えてくれた。短期間だったけど、充実した練習ができて、得るものが大きかった。」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2017年8月6日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新特集コラムニュース
これより過去の記事は、特集コラムサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ホーチミン・シティ 17 10 27
2 ハノイFC 24 12 25
3 タンクアンニン 24 18 21
4 ソンラム・ゲアン 13 9 21
5 タインホアFC 21 20 18
6 ベカメックス・ビンズオン 17 17 18
7 サイゴンFC 17 17 18
8 SHBダナン 18 19 18
9 ベトテルFC 12 18 17
10 ホアン・アイン・ザライ 19 21 15
11 ナムディンFC 14 16 15
12 ハイフォンFC 16 23 15
13 クアンナムFC 17 19 11
14 サンナ・カインホアBVN 15 23 9
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 U-18ベトナム代表タイン・コイ、日本遠征する東南アジア選抜チームに選出 (15日)
【2】 FIFAランク、ベトナムは2ランクアップの96位で東南アジアトップを堅持 (14日)
【3】 越僑GKパトリック・レ・ザン、チェコ1部ボヘミアンズに移籍 (14日)
【4】 ベトナム1部SLNA、ファン・バン・ドゥックが膝の靭帯を損傷で再離脱 (15日)
【5】 U-15ベトナム選手権2019決勝大会、グループAが死の組に (16日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved