日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>川崎フロンターレU-13がベトナム遠征、地元アカデミーと裸足で親善試合
川崎フロンターレU-13がベトナム遠征、地元アカデミーと裸足で親善試合
2017/12/18 12:30 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) ベトナムフットボールダイジェスト

 J1川崎フロンターレの下部組織であるU-13チームが12月15日から17日の日程でベトナム遠征を実施した。初日には、ホーチミン市フートーサッカー場で、ヌティフードJMGアカデミーのU-14チームと親善試合(7人制:30分×3)を行った。

 今シーズン悲願のJ1初優勝を果たした川崎は、スポンサーである東急電鉄がビンズオン省で不動産開発案件を手掛けている関係で2013年にトップチームがベトナム遠征を実施したのを皮切りに、ベトナムでのサッカー教室や指導者派遣を定期的に行っている。U-13の派遣は2014年から行っており、今回で4回目。今回の遠征は、東急電鉄の協賛により実施している。

 今回親善試合を行ったヌティフードJMGアカデミーは、元名古屋グランパスのフランク・デュリックス氏が監督を務める全寮制のサッカー選手育成機関。2015年に設立され、現在は1期生と2期生の計21人が在籍している。

 ボール感覚を重視しているJMGはアカデミー規定により、入団から一定期間はシューズを履いての練習および試合を行わないことで有名。そこで、今回は川崎のメンバーも裸足で親善試合に臨んだ。この試合は、ヌティフードJMGアカデミーにとって、初めての外国クラブとの親善試合となるため、当日は多くの地元メディアが詰めかけ、選手の保護者たちも大勢訪れて試合を見守っていた。

 寒い日本から蒸し暑いホーチミンに到着したばかりの上、慣れない裸足でのプレーに苦しむ川崎は、1歳年上で体格でも勝るJMGに球際で競り負けて、1本目を0-4で落とす。守備の意識を高めて臨んだ2本目も自陣に押し込まれる展開が続いて0-3で終える。何とか一矢報いたい川崎は、3本目で速くシンプルな繋ぎを徹底して、2点を先取。しかし、その後に逆転を許して2-3で終了。ベトナム遠征初戦は3本トータル2-10で敗れた。

 試合後、川崎の高田栄二監督は、「今日の試合では、相手がシューズを履かないということで、スポーツマンシップに則って、我々も裸足でプレーすることを選択しました。普段なかなかできないことなので、選手には良い経験になったと思います。JMGは、フィジカルも技術もあり、インテリジェンスも兼ね備えた良いチームでした。」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2017年12月19日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2018 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新特集コラムニュース
これより過去の記事は、特集コラムサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 56 23 48
2 サンナ・カインホアBVN 27 22 34
3 FLCタインホア 27 23 30
4 ソンラム・ゲアン 27 24 29
5 タンクアンニン 27 24 29
6 ホアン・アイン・ザライ 31 33 27
7 ハイフォンFC 20 20 24
8 ベカメックス・ビンズオン 28 27 23
9 クアンナムFC 27 28 23
10 SHBダナン 29 36 23
11 ホーチミン・シティ 23 34 18
12 ナムディンFC 25 35 17
13 XSKTカントー 20 31 17
14 サイゴンFC 26 33 16
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 浦和レッズハートフルサッカー in アジア2018をベトナム・ハノイで開催へ (16日)
【2】 8月初めのU-23ビナフォン杯、豪州不参加でパレスチナが代替出場 (17日)
【3】 Vリーグ第19節、三浦俊也監督のHCMCが14試合ぶりの白星で最下位脱出 (15日)
【4】 3部ディヴィジョン2、アンザンとフードンが2部昇格権獲得 (16日)
【5】 Vリーグ第19節、首位ハノイが3点ビハインドから劇的ドロー (16日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
 
Copyright ©Vietnam-football.com 2018 All Rights Reserved