日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>川崎フロンターレU-13、ビンズオン省で“東急電鉄の街づくり”社会見学&親善試合
川崎フロンターレU-13、ビンズオン省で“東急電鉄の街づくり”社会見学&親善試合
2017/12/22 12:01 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) ベトナムフットボールダイジェスト

 J1川崎フロンターレの下部組織であるU-13チームが12月15日から17日の日程でベトナム遠征を実施した。最終日の午前には、ビンズオン省の新都市区にあるタワーマンション「ソラ・ガーデンズ」を見学。午後には、ベカメックス・ビンズオンのU-14チームと親善試合(30分×3)を行った。なお、今回の遠征は東急電鉄の協賛により実施された。

 ソラ・ガーデンズは、川崎フロンターレのスポンサーである東急電鉄と地場ベカメックスIDCの合弁会社「ベカメックス東急」が手掛けている都市開発プロジェクトの一部。川崎U-13は今回、社会見学としてソラ・ガーデンズを訪問。現地の担当者から発展著しいビンズオン省における東急電鉄の街づくりなどについて講義を受けた。

 講義の後には、U-13メンバーが高田栄二監督から前日に出された課題として、ベトナムの歴史、戦争、日本との繋がり、ベトナムサッカーという4つのテーマについて、それぞれ調べたことを発表。メンバーらは、「日本との環境の違いを感じて、自分たちはとても恵まれていると実感した」、「悲惨な戦争を繰り返してはいけないと思った」と話した。

 午後からは、ベカメックス・ビンズオンU-14と同遠征最後の親善試合。相手の方が1歳上ということもあり、スピードやパワーではかなわない部分もあったが、川崎は組織的なプレーで相手と互角以上に渡り合い、結果は3本トータル2-2(1-1、1-0、0-1)の引き分けとなった。ビンズオンのテクニカル・ダイレクターのダン・チャン・チン氏は試合後、「川崎の選手たちは、非常に技術が高い。気候も全く違うなかで、過密日程の3連戦を戦ったタフさも素晴らしい。また来年再戦できるのを楽しみにしている」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2017年12月22日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新特集コラムニュース
これより過去の記事は、特集コラムサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 J移籍が噂されるティティパンが値千金の同点弾、タイがA組2位で決勝T進出 (15日)
【2】 AFF U-22選手権2019に向けたベトナム代表キャンプメンバーを発表 (14日)
【3】 アジアカップ開幕2連敗のベトナム代表パク監督「イランはあまりにも強かった」 (13日)
【4】 クアンナムFC、元ベトナム代表DFグエン・タイン・ヒエンを獲得 (14日)
【5】 横浜F・マリノス、タイ代表ティーラトン・ブンマタンを期限付き移籍で獲得 (8:35)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved