日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>川崎フロンターレ、ベトナム指導者派遣&ジャパンフェスでサッカー教室実施
川崎フロンターレ、ベトナム指導者派遣&ジャパンフェスでサッカー教室実施
2018/01/30 12:30 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) ベトナムフットボールダイジェスト

 昨年、悲願のJ1初優勝を果たした川崎フロンターレの育成部及びスクール・普及コーチ陣が1月24日から28日の日程でベトナムを訪問し、ベトナム1部ベカメックス・ビンズオンの下部組織(U-14、U-12)に所属する総勢44人の選手を対象に指導を行った。今回の活動は、国際交流基金アジアセンター、Jリーグ、日本サッカー協会(JFA)が共同で実施しているASEAN 10か国におけるサッカー交流事業の一環。

 川崎とビンズオンは、両クラブのスポンサーであるビンズオン投資・工業開発総公社(ベカメックスIDC)と東京急行電鉄株式会社(東急電鉄)が、東南部ビンズオン省にて不動産案件を共同開発している縁で、かねてからトップチームや下部組織間での交流がある。今回の指導者派遣では、連動性のある中盤の動き方や役割、GKは状況に応じた的確な構えなどをテーマに5日間みっちり指導した。短期間ではあったが、選手たちの意識も日々向上していき、最終日に行った実戦形式の練習では、初日と見違えるようなプレーを見せた。

 5日間の指導を終えて、冨田幸嗣コーチ(川崎F U-12コーチ)は、「今回指導した内容は、川崎Fでは12歳以下から既に始めていること。でも、これからみんなが練習したことをしっかり実践できるようになれば、日本の選手たちに追いつき、追い越すことだって可能です。私たちが帰った後も高い意識を持って日々の練習に励んでください。」とコメントした。

 また、川崎のコーチ陣は今回の滞在中、1月27日と28日の両日にホーチミン市中心部で開催されたジャパンベトナムフェスティバル2018でサッカー教室を実施。気温30度を超える暑さの中、集まった子供たちにプロの高度なテクニックを披露するなど、サッカーの楽しさを伝えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[20181月30日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2018 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新特集コラムニュース
これより過去の記事は、特集コラムサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 72 30 64
2 FLCタインホア 43 29 46
3 サンナ・カインホアBVN 33 27 43
4 ソンラム・ゲアン 38 32 42
5 タンクアンニン 40 39 35
6 ハイフォンFC 26 26 34
7 ベカメックス・ビンズオン 39 36 33
8 サイゴンFC 38 42 31
9 SHBダナン 38 49 31
10 ホアン・アイン・ザライ 41 53 31
11 クアンナムFC 37 45 31
12 ホーチミン・シティ 37 45 27
13 ナムディンFC 33 45 24
14 XSKTカントー 26 43 21
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 ユースオリンピック競泳男子800m自由形、ベトナムの18歳が金メダル (18日)
【2】 ボクシングのバルカン国際選手権、アジア女王グエン・ティ・タムが金メダル (19日)
【3】 元ベトナム女子代表ドー・ティ・イエン「私がプロサッカー選手を辞めたわけ」 (10:00)
【4】 AFC U-19選手権2018に臨むベトナム代表メンバー23人を発表 (19日)
【5】 AFF U-22選手権2019、ベトナムは宿敵タイと同組 (18日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2018 All Rights Reserved