日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>女子アジア杯開幕直前SP、初戦なでしこと激突するベトナムの注目選手を紹介
女子アジア杯開幕直前SP、初戦なでしこと激突するベトナムの注目選手を紹介
2018/04/06 12:20 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) saoviet

 AFC女子アジアカップ(兼FIFA女子ワールドカップ最終予選)が4月6日から20日までヨルダンで開催される。ベトナム女子代表(通称ゴールデンガールズ)は、自国開催した前回の女子アジアカップで、ワールドカップ行き最後のチケットをかけた5位決定戦で宿敵タイに敗れて涙をのんだ。東南アジア女王として臨む今大会、ベトナムは悲願のワールドカップ初出場を目指す。

関連記事

 ベトナムは、今大会のグループリーグで、日本(4月7日)、オーストラリア(4月10日)、韓国(4月13日)と激突。ベトナムにとって、格上ばかりの死の組となったが、東南アジア女王のプライドをかけ、まずは初戦のなでしこジャパン戦で勝ち点の獲得を狙う。今回は、そんな我らがゴールデンガールズから今大会注目の選手たちを紹介する。

GKダン・ティ・キエウ・チン(HCMC)

ベトナム女子代表のゴールマウスに長年君臨している守護神。身長はさほど高くないが、抜群の反射神経を持ち、PKストッパーとして名高い。国内では、年間MVPを2度受賞、年間最優秀GKには6回も選出されており、2012年には東南アジア女子サッカー最優秀選手に選ばれている。

CBチュオン・ティ・キエウ(HCMC)

クメール族出身。若手No.1のセンターバックで、10代のころからベトナム代表で活躍しており、年間最優秀若手選手に2度選ばれている。ベトナムの選手の中では、フィジカルに恵まれており、体を張った守備でHCMCのリーグ3連覇に貢献した陰の立役者。代表では、タイプが異なる知能派のグエン・ハイ・ホアが守備陣のリーダーとして長く君臨していたが、彼女が代表を退いたことで、チュオン・ティ・キエウにかかる期待は一層大きなものになっている。

SBグエン・ティ・スエン(ハノイ)

ニックネームの“Xeko”は、ベトナムにおいて、ドラえもんの登場キャラクター“スネ夫”を意味する。普段は物静かな彼女だが、ピッチに立った時はチームメイトから“chiến binh Xeko(戦士Xeko)”と呼ばれるファイターに豹変する。代表でのキュアリはかなり長く、30歳になった現在も、無尽蔵のスタミナを武器に不動のレギュラーを確保している。

  1   2  
このエントリーをはてなブックマークに追加

[2018年4月6日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2018 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新特集コラムニュース
これより過去の記事は、特集コラムサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 72 30 64
2 FLCタインホア 43 29 46
3 サンナ・カインホアBVN 33 27 43
4 ソンラム・ゲアン 38 32 42
5 タンクアンニン 40 39 35
6 ハイフォンFC 26 26 34
7 ベカメックス・ビンズオン 39 36 33
8 サイゴンFC 38 42 31
9 SHBダナン 38 49 31
10 ホアン・アイン・ザライ 41 53 31
11 クアンナムFC 37 45 31
12 ホーチミン・シティ 37 45 27
13 ナムディンFC 33 45 24
14 XSKTカントー 26 43 21
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 AFFスズキカップ2018、カンボジア代表の本田圭佑監督が合流へ (12日)
【2】 AFFスズキカップ2018、タイ代表アディサクが開幕戦6得点の大暴れ (11日)
【3】 HDバンク・フットサルベトナム杯2018、11月15日にクアンナム省で開幕 (11日)
【4】 AFC U-23選手権2020予選、前回準優勝ベトナムはタイ、インドネシアと同組 (10日)
【5】 八木秀一監督率いるハノイFCレディースが日本遠征を開始 (1日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2018 All Rights Reserved