日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>第3回「ベトナム日本国際ユースカップU-13」大会3日目レポート、地元ベカメックス・ビンズオンが2連覇達成
第3回「ベトナム日本国際ユースカップU-13」大会3日目レポート、地元ベカメックス・ビンズオンが2連覇達成
2020/12/25 09:00 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) ベトナムフットボールダイジェスト

 2020年のJ1リーグを圧倒的強さで優勝した川崎フロンターレが主体となって東南部地方ビンズオン省で開催された「第3回ベトナム日本国際ユースカップU-13」。今回は大会最終日となった12月20日の模様をお届けする。

 大会最終日の午前には、グループリーグとその後のトーナメントの結果を踏まえた順位決定戦が行われ、「川崎フロンターレドリームチーム(以下、川崎F※現地在住のU-13世代を対象に実施したセレクション合格者と、Vリーグ傘下4クラブに所属する選手を推薦してもらい構成)」が5位決定戦でドンタップFCと対戦した。ドンタップFCは、トップチームこそ近年下部リーグで低迷しているが、昔から育成には定評がある。

 今大会最後の試合に高いモチベーションで臨んだ川崎Fだが、細かく繋いでくるドンタップの攻撃に対応できず、序盤に2失点を許す苦しい立ち上がり。その後、セットプレーの流れから1点を返して前半を1点ビハインドで折り返す。しかし、後半さらにドンタップに1点を追加されて善戦むなしく1-3で敗戦。この大会のために結成された川崎フロンターレドリームチームは、今大会を6位という成績でフィニッシュした。

 続いて行われた決勝戦では、安定した試合運びで無失点のまま勝ち進んできた前回王者の地元ベカメックス・ビンズオンが強豪PVFと対戦した。白熱した攻防が続く中、どちらも決定機をものに出来ず、スコアレスのままPK戦に突入。このPK戦を4-3で制したビンズオンが2大会連続の優勝を決めた。

 最終日の午後には、グループAとグループBの選抜選手によるオールスター戦(チームベトナムvsチームジャパン)を開催。この試合の模様は国営ベトナムテレビなどで全国に生中継された。過密日程で疲れがある中、両チームの選手は最後まで力を振り絞り、オールスターの名の恥じぬ好ゲームを演じた。試合は後半にチームベトナムが先制、この1点を守り切ったチームベトナムが勝利した。

 今大会はコロナ禍にあった2020年に、ベトナム国内で唯一開催されたサッカーの国際大会。大会実行委員会の努力により第3回目となる今年も無事に開催され、成功裏に幕を閉じた。大会実行委員会副会長で、ベカメックス・ビンズオンFC会長のホー・ホン・タック氏は閉幕の挨拶で、「来年の大会以降は、再び日本からもチームを招待するだけでなく、東南アジア各国からもチームを招くことを検討しています」と語り、更なる大会規模の拡大に意欲を示した。

 最終順位
1位:ベカメックス・ビンズオン
2位:PVF
3位:ユヴェントス・ベトナム
4位:ビンディンFC
5位:ドンタップFC
6位:川崎フロンターレ
7位:ビンフオックFC
8位:ホーチミン・シティ

最優秀選手:Phan Minh Ky(ビンズオン)
得点王:Le Pham Ngoc Phat(4得点、ドンタップ)
最優秀GK:Duong Phuc Hung(ビンズオン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2020年12月25日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2021 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新特集コラムニュース
これより過去の記事は、特集コラムサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 ベトナム1部Vリーグ2020のポジション別外国人選手、FW登録が全体の6割弱 (4日)
【2】 セリエAナポリ所属の越系オーストラリア人アレクサンドラに聞く、ベトナム代表でプレーする可能性は? (3日)
【3】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
【4】 財政難でカインホアの強豪2クラブが解散 どうなるベトナムフットサルリーグ2021 (4日)
【5】 井尻監督が強化を担当するU-13&U-15ベトナム女子代表が練習再開 (3日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2021 All Rights Reserved