サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[特集コラム]
川崎F、元日本代表監督トルシエが育成統括を務めるベトナムPVFを視察

2019/03/12 06:30 JST更新

 J1王者川崎フロンターレのスタッフ&コーチ陣が3月6日午後、紅河デルタ地方フンイエン省にあるベトナムサッカー選手才能開発投資ファンド(PROMOTION FUND VIETNAMESE FOOTBALL TALENTS、略称PVF)センターを視察した。PVFは地場系コングロマリットのビングループが2008年に設立したプロサッカー選手育成機関。以前はホーチミン市で活動していたが、2年前、フンイエン省に自前の育成センターを完成させて移転した。なお、PVFでは昨年から元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏がテクニカルダイレクターを務めている。

 PVFセンターの総面積は22h。フルコート7面(天然芝4面、人工芝3面、メインピッチはAFC基準の3600人収容スタジアム)。このうち1面は、国内初の屋内サッカーフルコートとなっている。最新設備のジムと屋内プールのほか、メディカルルーム、食堂、ホール、遊戯室などを完備。敷地内にアカデミー生の寮とゲスト用の宿泊施設もあり、アジア有数のサッカーアカデミーとなっている。

 PVFは既に国内外の大会で目覚ましい成績を残しており、ベトナム最強アカデミーの名をほしいままにしている。年代別ベトナム代表も多数輩出。現在、ハノイ市に招集されているU-23ベトナム代表37人のうち10人がPVF出身だ。

 川崎のスタッフ&コーチ陣は今回の視察で、トルシエ氏と会談してアカデミーの概要や理念についてのレクチャーを受けた。トルシエ氏は川崎視察団の訪問を歓迎し、「日本サッカーは世界でもトップレベルだ。私自身、日本で働いたことがあり、日本の教育制度、スポーツトレーニングの質を高く評価している。指導者たちも非常に優秀だ。指導者間の交流ができたらと面白いと思う。」と話した。




 

[2019年3月12日 ベトナムフットボールダイジェスト]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる