日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>アジア大会、ベトナム代表が日本代表を下し3連勝でD組首位突破
アジア大会、ベトナム代表が日本代表を下し3連勝でD組首位突破
2018/08/20 06:36 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) bongda
(C) Youtube

 アジア競技大会(ASIAD)2018インドネシアは8月19日、男子サッカーのグループDの最終節が行われ、五輪ベトナム代表(U-23+オーバーエイジ3人)が五輪日本代表(U-21)を1-0で下して、無傷の3連勝で首位突破を決めた。ベトナムは今大会無失点をキープし、良い形で決勝トーナメントに進むことができた。

 ともに2連勝でグループリーグ突破を決めている両チーム。勝ち点、得失点差、総得点まで同じ条件だったため、引き分けの場合は、PK戦で首位を決めなければならない可能性もあった。多くのベトナムメディアは、決着がつかず、PK戦にもつれ込むと予想していたが、試合は開始早々にベトナムが日本守備陣のミスを突いて、FWグエン・バン・トアンが相手ゴール付近の高い位置でボールを奪うと、MFグエン・クアン・ハイが落ち着いて流し込み、ベトナムが先制。

 その後も高めからプレッシャーをかけて、鋭いカウンターを見せるベトナムが再三決定機を作る。しかし、シュートがなかなか枠をとらえられず、追加点が奪えない。前半終盤は、日本のカウンターからピンチを招くが、守備陣が体を張った守備でしのぎ、前半を1点リードで折り返す。

 後半に入ると、日本が選手交代とシステム変更で打開を図り、中盤の主導権を握ってベトナムゴールに襲い掛かる。しかし、ベトナムの守備陣は最後まで集中を切らさず、日本の攻撃をシャットアウト。逆にカウンターでチャンスを作ったが、ベトナムもあと一歩を決めきれず、試合はこのまま1-0でホイッスルが鳴った。

 この結果、ベトナムは3連勝でグループDを首位突破。日本が2位での通過となった。決勝トーナメントのラウンド16では、日本がグループB1位のマレーシア、ベトナムがグループB/E/Fの3位チームのいずれかと対戦することになる。※その後、ラウンド16の対戦相手はバーレーンに決定。

 なお、日本戦の前半終盤に負傷退場したMFドー・フン・ズンだが、かなりの重傷で、そのまま救急車で病院に搬送された。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2018年8月19日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2018 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新ベトナム代表ニュース
これより過去の記事は、ベトナム代表サッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 72 30 64
2 FLCタインホア 43 29 46
3 サンナ・カインホアBVN 33 27 43
4 ソンラム・ゲアン 38 32 42
5 タンクアンニン 40 39 35
6 ハイフォンFC 26 26 34
7 ベカメックス・ビンズオン 39 36 33
8 サイゴンFC 38 42 31
9 SHBダナン 38 49 31
10 ホアン・アイン・ザライ 41 53 31
11 クアンナムFC 37 45 31
12 ホーチミン・シティ 37 45 27
13 ナムディンFC 33 45 24
14 XSKTカントー 26 43 21
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 AFFスズキカップ2018、カンボジア代表の本田圭佑監督が合流へ (12日)
【2】 AFFスズキカップ2018、タイ代表アディサクが開幕戦6得点の大暴れ (11日)
【3】 HDバンク・フットサルベトナム杯2018、11月15日にクアンナム省で開幕 (11日)
【4】 八木秀一監督率いるハノイFCレディースが日本遠征を開始 (1日)
【5】 AFC U-23選手権2020予選、前回準優勝ベトナムはタイ、インドネシアと同組 (10日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2018 All Rights Reserved