日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>AFFスズキカップ2018開幕、ベトナムがラオスに3発快勝で白星発進
AFFスズキカップ2018開幕、ベトナムがラオスに3発快勝で白星発進
2018/11/09 09:47 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C)VFF

 サッカーの東南アジア最強を決めるAFFスズキカップ2018が11月8日に開幕した。グループAに入っている優勝候補ベトナム代表は、敵地でラオス代表に3-0で勝利。まずは大事な初戦で勝ち点3を獲得した。

 敵地ではあったが、観客の殆どはベトナム人サポーターという状況で、相手も格下だったため、試合は予想通りベトナムが一方的に攻める時間が続いた。立ち上がり、激しいプレスで主導権を握ったベトナムは11分、左MFドアン・バン・ハウ、FWグエン・アイン・ドゥックと繋いで、最後はFWグエン・コン・フオンが決めて先制。ベトナムは、その後もパスを回しながらチャンスをうかがうが、ゴール前にブロックを敷くラオスの守備を崩しきれない。それでも前半終了間際、バーを叩いたグエン・コン・フオンのシュートのこぼれだまをグエン・アイン・ドゥックが押し込んで追加点。ベトナムが2点リードで前半を折り返す。

 後半も流れは変わらずベトナムのペース。ラオスも前半より積極的に仕掛けてきたが、攻撃の枚数が少なく、ベトナムゴールを脅かすには至らない。ベトナムは68分、ゴールほぼ正面で得たFKをMFグエン・クアン・ハイが得意の左足で直接決めて3点目。なおも攻めるベトナムは76分、グエン・コン・フオンが相手ゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドの判定。ベトナムは残り時間も途中出場の選手らが果敢にシュートを放つも、更なる得点は奪えず、試合はこのまま3-0でホイッスル。引いた相手にやや攻めあぐねたベトナムだが、まずは初戦白星スタートを切った。

 同日行われたグループAのもう一試合では、マレーシアがアウェイでカンボジアに1-0の辛勝。カンボジア代表では、日本代表MF本田圭佑が現役を続けながら実質監督に就任して、注目をあつめたが、この日は不在だった。

 なお、ベトナムは11月16日にホームで迎える今大会第2戦目で、強敵マレーシアと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[201811月8日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新ベトナム代表ニュース
これより過去の記事は、ベトナム代表サッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 42 20 40
2 ホーチミン・シティ 28 22 35
3 タンクアンニン 32 25 31
4 SHBダナン 28 26 27
5 ナムディンFC 25 23 27
6 ソンラム・ゲアン 20 19 27
7 ベトテルFC 20 27 24
8 ベカメックス・ビンズオン 23 24 26
9 クアンナムFC 30 25 25
10 タインホアFC 33 39 25
11 ホアン・アイン・ザライ 31 36 23
12 サイゴンFC 26 34 23
13 ハイフォンFC 24 33 23
14 サンナ・カインホアBVN 23 32 20
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 “ベトナムのクリロナ”がついに戦列復帰、シーズン終盤HCMCの起爆剤となるか (16日)
【2】 AFCフットサルクラブ選手権、タイソンナムは名古屋に敗れて準決勝敗退 (16日)
【3】 カンボジアに歴史的黒星、U-18ベトナム代表ホアン・アイン・トゥアン監督が辞任 (17日)
【4】 ベトナム1部Vリーグ、今シーズン中のVAR導入計画は白紙に (16日)
【5】 AFF U-18選手権2019、開催国ベトナムがカンボジアに歴史的敗戦でGL敗退 (17日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved