日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>アジア杯、ベトナムがPK戦でヨルダンに勝利、120分死闘を制してベスト8進出
アジア杯、ベトナムがPK戦でヨルダンに勝利、120分死闘を制してベスト8進出
2019/01/20 21:30 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) VFF
(C) YouTube

 UAEで開催中のAFCアジアカップ2019は1月20日に決勝トーナメント1回戦が行われ、パク・ハンソ監督率いるベトナム代表がヨルダン代表を延長・PK戦の末に下して、ベスト8進出を決めた。

 試合は両チームともに慎重な立ち上がりを見せ、内容的にも前半はほぼ互角の展開。双方ゴール前までボールを運ぶものの、なかなかフィニッシュまで繋がらない。試合が動いたのは39分、ヨルダンにゴール右側の角度がないところから強烈なフリーキックを叩き込まれ、ベトナムは注意していたセットプレーから失点。しかし、ここからベトナムが攻撃のギアを切り替えて猛攻を仕掛ける。得意の繋ぎから終盤に波状攻撃を見せたベトナムだが、相手GKの好守もあってゴール奪えず、前半を1点ビハインドで折り返す。

 後半に入ると、ベトナムは前半終盤の勢いそのままに積極的に前に出る。すると、50分に右MFグエン・チョン・ホアンからのクロスをFWグエン・コン・フオンがスライディングしながらダイレクトで合わせて、ベトナムが同点に追いつく。ここから流れは一気にベトナムに傾き、連動性のある小気味いいパス回しから多くのチャンスを作っていく。後半、試合を支配してシュートの雨を降らせたベトナムだったが、ヨルダンもGKを中心とした守備陣が粘り、1-1のまま90分を終えて延長戦に突入。

 延長戦はベトナムも疲れが見え始めて、ヨルダンのフィジカルを活かしたロングボール攻勢に苦戦するが、ベトナムは自慢の堅守できっちりしのぎ切り、120分の死闘はついにPK戦に突入する。PK戦では、ヨルダンが2人目と3人目が連続で失敗。ベトナムも4人目のチャン・ミン・ブオンが失敗したものの、5人目のキッカーを務めたCBブイ・ティエン・ズンが決めて、4-2でベトナムがPK戦をものにした。

 ベトナムは、東南アジア4か国共同開催(インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム)の2007年大会でもグループリーグを勝ち抜いてベスト8に進んでいるが、この時は出場国が16チームだったため、アジアカップ決勝トーナメントでの勝利というのは今回が初めて。

 ベトナム代表は1月24日に行われる準々決勝で、日本代表かサウジアラビア代表のいずれかと対戦する。(※1月21日の試合結果により、対戦相手は日本に決まった)なお、同日行われた決勝トーナメントのもう一試合では、タイ代表が中国代表に1-2で逆転負け。これで東南アジアで残るチームはベトナムのみとなった。

 ベトナムサッカー連盟(VFF)はこれに先立ち、グループリーグ突破を決めたベトナム代表に20億VND(約930万円)の報奨金を贈ると決定していたが、今回、ベスト8進出を決めたことを受け、報奨金をさらに15億VND(約700万円)上乗せした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2019年1月20日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新ベトナム代表ニュース
これより過去の記事は、ベトナム代表サッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 U-18ベトナム代表、香港遠征初戦はシンガポールに1-0辛勝 (20日)
【2】 Vリーグ2019第6節、好調SLNAが敵地でダナンに2発快勝、暫定2位に浮上 (20日)
【3】 Vリーグ2019、後期シーズン移籍ウィンドウのオープン時期を調整 (21日)
【4】 Vリーグ2019第6節、韓国人指揮官対決は首位HCMCに軍配 (21日)
【5】 SEA Games 2019、ベトナムからの抗議でポット分け再調整、ベトナム代表はポット3に格上げ (21日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved