日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>W杯2次予選開幕、ベトナムは敵地で宿敵タイとスコアレスドロー
W杯2次予選開幕、ベトナムは敵地で宿敵タイとスコアレスドロー
2019/09/05 21:40 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) bongda+

 FIFAワールドカップ・カタール2022のアジア2次予選が開幕した。グループGのベトナム代表は敵地で迎える初戦で宿敵タイ代表と激突。ベトナムのパク・ハンソ監督とタイの西野朗監督による指揮官同士の日韓対決ということでも注目された試合はどちらも持ち味を見せたものの、双方決定力に欠いてスコアレスドローに終わった。

 試合は立ち上がりにMFグエン・フォン・ホン・ズイのロングパスを受けたFWグエン・バン・トアンがスピードに乗ったドリブルで抜け出してシュート。惜しくも枠をそれたが、ベトナムがいきなり決定機を作る。一瞬肝を冷やしたタイだったが、その後は落ち着きを取り戻して、自慢のパスワークでボールを支配。ベトナムは相手の左サイドからの崩しに苦しめられたが、粘り強い守備でしのいでカウンターを狙う。前半は互いに何度か見せ場を作るも決め手に欠いて、0-0で折り返す。

 後半に入ると、ベトナムはFWグエン・コン・フオンを投入し、攻撃陣の活性化を図る。相変わらずタイがボールを握る時間帯が続くが、ベトナムの守護神ダン・バン・ラムの牙城を崩すには至らない。後半の中頃を過ぎると、ベトナムが反撃を開始。カウンターでバイタルエリアまで攻め込むが、ラストパスの精度がいまいちで、シュートを打ち切れない。膠着状態が続く中、アディショナルタイムにタイがこの日最大のチャンスを迎えるが、ベトナムは相手の決定力不足にも助けられて、なんとか事なきを得る。試合は直後にホイッスルが鳴り、0-0のまま終了。

 ベトナムにとってはアウェイでの貴重な勝ち点1となり、まずまずの滑り出し。一方のタイは西野監督の初陣を白星で飾ることが出来ず、残念なドローとなった。なお、同日行われたグループGの試合では、マレーシアがインドネシアに3-2で逆転勝ちを収めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2019年9月5日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新ベトナム代表ニュース
これより過去の記事は、ベトナム代表サッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 55 24 49
2 ホーチミン・シティ 34 25 42
3 タンクアンニン 36 30 34
4 ソンラム・ゲアン 30 23 33
5 ベカメックス・ビンズオン 28 29 32
6 サイゴンFC 32 35 32
7 クアンナムFC 38 33 31
8 SHBダナン 34 31 30
9 ハイフォンFC 30 35 30
10 ナムディンFC 29 33 28
11 ベトテルFC 23 35 27
12 ホアン・アイン・ザライ 34 43 26
13 タインホアFC 34 47 25
14 サンナ・カインホアBVN 27 41 21
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 ドアン・バン・ハウ獲得のヘーレンフェーン、移籍決定直後にFacebookページフォロワーが22万人急増 (18日)
【2】 ヘーレンフェーン移籍のベトナム代表ドアン・バン・ハウ、チーム4番目の高給取り (19日)
【3】 ベトナム1部Vリーグで花火発射のサポーターを特定、警察が身柄拘束 (18日)
【4】 チェコ出身GKフィリップ・グエン、ベトナム国籍取得手続きが間もなく完了 (19日)
【5】 Vリーグ第23節ベストイレブン、SLNAとSHBダナンから最多4人ずつ選出 (18日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved