日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>ベトナムサッカー連盟、日本人テクニカルダイレクターの就任式を開催 元横浜FC監督の足達勇輔氏
ベトナムサッカー連盟、日本人テクニカルダイレクターの就任式を開催 元横浜FC監督の足達勇輔氏
2020/09/10 15:00 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) VFF

 ベトナムサッカー連盟(VFF)はハノイ市にあるVFF事務所で9月9日、日本人サッカー指導者の足達勇輔氏(58歳)の新テクニカルダイレクター(TD)就任式を開催した。6月末に退任したドイツ人のハンス=ユルゲン・ゲーデ氏の後任として、主にベトナムの育成年代強化と指導者育成などを担当する。

 足達氏は神奈川県出身の58歳。1984年から1988年まで西ドイツに留学して、地元クラブでプレイしながらケルン体育大学でコーチング理論を学んだ。帰国後は、ベルマーレ平塚やセレッソ大阪の下部組織、JAPANサッカーカレッジで監督を務め、2005年に横浜FCの監督に就任。2012年から2014年まではAC長野パルセイロでスポーツダイレクターとして働いた。

 足達氏は2017年にアジアサッカー連盟(AFC)のエリートインストラクターとしてベトナムを訪れており、ベトナム人指導者を相手に講師を務めたほか、これ以前には、香港サッカー協会でも指導者育成に尽力。また、FIFAワールドカップでは、2002年大会と2006年大会でテクニカルスタディグループに参加した経験も持つ。

 足達氏は就任式の挨拶で「ベトナムで仕事出来ることになり、とてもうれしく思います。TDとして招いてくれたVFFには感謝しています。TDは重要なポジションであるため、オファーを受けるときは慎重に吟味しました。私がこれまでに培ってきた経験を活かして、ベトナムサッカーの発展に貢献したいと思います」と語った。

 また足達氏は今後の目標について、「まずはベトナムサッカーへの理解を深めること。指導者たちと会って情報交換することから始めます。幸いここには、ベトナムサッカーを熟知したパク・ハンソ監督(ベトナム代表)とフィリップ・トルシエ監督(U-19ベトナム代表)という優秀な指導者もいます。彼らと協力しながら、ベトナムサッカーの強化を図っていくつもりです」と述べた。

 なお、足達TDはベトナムサッカーのレベルついて、「個々の技術はありますが、現時点でヨーロッパと比べると不十分。しかし、勤勉な性格のため、大きく成長する可能性を秘めています。日本は30年かけてアジアのトップクラスになりました。ベトナムがいつそのようなレベルに達するかは分かりませんが、努力を続ければ遅かれ早かれ、その域に到達できるでしょう」と評した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2020年9月9日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新ベトナム代表ニュース
これより過去の記事は、ベトナム代表サッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 サイゴンFC 19 7 23
2 ベトテルFC 20 13 22
3 ホーチミン・シティ 21 12 20
4 タンクアンニン 17 16 20
5 ハノイFC 19 12 19
6 ベカメックス・ビンズオン 15 11 17
7 ホアン・アイン・ザライ 12 14 17
8 SHBダナン 19 14 16
9 ホンリン・ハティン 11 10 15
10 ソンラム・ゲアン 9 13 15
11 タインホアFC 8 13 14
12 ナムディンFC 13 23 10
13 ハイフォンFC 5 16 10
14 クアンナムFC 15 29 9
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 U-17ベトナム選手権2020、サッカー王国SLNAが8年ぶりの優勝 (9/29)
【2】 Vリーグ第12節ベスト12、上位決戦を制したベトテルから3人が選出 (9/29)
【3】 Vリーグ1第12節、首位サイゴンFCが今季初黒星 2位ベトテルが肉薄 (9/28)
【4】 アジアサッカー連盟、ベトナムPVFを3つ星アカデミーに認定 (9/28)
【5】 Vリーグ2第10節、1試合平均観客動員数は1200人 (9/30)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved