サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[ベトナム代表]
「世界で最も重要な選手トップ500」“ベトナムの若き王様”と“タイの英雄”が選出

2018/04/05 09:17 JST更新

 イギリスのサッカー誌「World Soccer」はこのほど、「世界で最も重要な選手トップ500」の2018年度版リストを発表した。ポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド、アルゼンチン代表リオネル・メッシなど錚々たる名前が並ぶ中、ベトナムからは、“若き王様”ハノイFC所属のグエン・クアン・ハイが唯一選出された。

 現在20歳のグエン・クアン・ハイは、今年1月に中国で開催されたAFC U-23選手権2018で、チーム最多の5得点を記録し、ベトナムの準優勝に大きく貢献した。既にA代表にも名を連ねており、ベトナムサッカーの未来を背負う希望の星だ。

 同誌の基準では、実力だけでなく、話題性や現在の調子も参考にしており、必ずしも“最高”の選手トップ500ではないとのこと。それでも、79か国から選ばれた選手のリストを見ると、前述のロナウドとメッシの他に、ブラジル代表ネイマール、フランス代表ポール・ポグバなど世界のビッグネームばかり。なお、東南アジアからは、グエン・クアン・ハイの他に、“タイの英雄”こと同国代表ティーラシン・デーンダー、フィリピン代表シュテファン・シュレックが選ばれている。

 国籍別では、40人選ばれたブラジルが最多。以下、フランス(39人)、ドイツ(38人)、スペイン(34人)、アルゼンチン(25人)、イタリア(20人)などと続いた。なお、日本からは、アジア最多の10人が選出。顔ぶれは、本田圭佑、久保裕也、槙野智章、森岡亮太、長友佑都、中島翔哉、中村憲剛、岡崎慎司、山口蛍、吉田麻也となっている。 

[TRÍ CÔNG BONGDA+ 13:53 ngày 04-04-2018]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる