サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[ベトナム代表]
アジア大会、ベトナムは韓国に1-3完敗、決勝進出ならず

2018/08/29 20:20 JST更新

 アジア競技大会(ASIAD)2018インドネシアは8月29日、男子サッカーの準決勝が行われ、五輪ベトナム代表(U-23+オーバーエイジ3人)が五輪韓国代表に1-3で敗れて、惜しくも決勝進出はならなかった。

 中1日での連戦となったベトナムは、シリア戦からスタメンを4人変更してきた。このうち、左SBドアン・バン・ハウは累積警告で出場停止。ベトナムと同じく、オーバーエイジを使った上に、兵役免除もかかった本気モードの韓国は立ち上がりから、ベトナムゴールに襲い掛かってきた。引いて守るベトナムだったが、中央を崩されて、前半6分に失点。今大会初失点を喫して、いきなり1点を追う展開となる。その後はベトナムも同点ゴール目指して攻めたが、韓国のプレッシャーが早く、なかなかシュートまで繋げられない。逆に29分に鮮やかな連携から再び中央を突破されて失点。前半を0-2で折り返す。

 後半に入ると、ベトナムは、今大会初出場のMFチャン・ミン・ブオンを投入。点差を詰めるために、積極的に仕掛けていく。しかし、57分に三度中央を崩される同じようなパターンで3失点目。苦しい展開のベトナムは、それでも諦めずにゴールを狙い、70分にチャン・ミン・ブオンが直接FKを叩き込んで1点を返す。しかし、逃げ切りに入った韓国から更なるゴールを奪うことはできず、試合はこのまま1-3でホイッスル。

 快進撃を続けたベトナムだったが、強豪韓国には完敗で、惜しくも決勝進出はならず、9月1日に行われる3位決定戦にまわることになった。3位決定戦の相手はUAE。ここで勝てば銅メダル。ベトナムサッカー界にとっては、アジア大会で初めてのメダル獲得になる。なお、決勝は日韓戦となり、こちらも目が離せないカードになった。 

[2018年8月29日 ベトナムフットボールダイジェスト]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる