サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[ベトナム代表]
AFFスズキカップ2018、ベトナムが10年ぶりに東南アジア王者に返り咲く

2018/12/16 06:02 JST更新

 AFFスズキカップ2018は12月15日、ベトナム代表とマレーシア代表の決勝2ndレグがベトナムの本拠地ミーディン国立競技場で行われた。試合はホームのベトナムが1-0で勝利。2試合トータル3-2(2-2、1-0)で、ベトナムが10年ぶりの優勝を決めた。

 今大会で両チームが対戦するのは、これが3回目。グループリーグではベトナムがホームで2-0の快勝。8万人のマレーシアサポーターで埋め尽くされた決勝1stレグは2-2のドロー。決勝1stレグでアウェイゴールを2点奪っていることで優位に立っていたベトナムだが、2ndレグでも守りに入ることなく、立ち上がりから攻撃的な姿勢を見せた。

 すると、開始早々の6分、MFグエン・クアン・ハイからのクロスを、FWグエン・アイン・ドゥックが鮮やかなダイレクトボレーで決めて、ベトナムが先制。早い時間帯でのゴールで、精神的にも落ち着いたベトナムはその後、得意の堅守速攻に戦術を切り替えて、相手の攻撃をいなしつつ、カウンターから追加点を狙う。もう後がないマレーシアの猛攻に何度か冷や汗をかく場面もあったが、なんとか無失点でしのいで、ベトナムが1点リードで前半を折り返す。

 後半に入ると、マレーシアがさらに攻勢を強めて、ベトナムゴールに襲い掛かる。しかし、守護神ダン・バン・ラムを中心としたベトナム守備陣が、この日も鉄壁の守備を見せて、相手攻撃をシャットアウト。試合はこのままベトナムが1-0で逃げ切って、2試合合計3-2とし、10年ぶりの東南アジア王者に返り咲いた。

 年初のAFC U-23選手権の準優勝、夏のアジア大会ベスト4と、大躍進を遂げたベトナムサッカー。今年最後にして、最も重要な大会で、優勝という最高の結果を残すことができた。試合後は、貴賓席で観戦していたグエン・スアン・フック首相がピッチに降りてきて、ベトナム代表選手たちやパク・ハンソ監督を祝福した。翌日の新聞一面は全てベトナム優勝を報じ、優勝までの軌跡や歓喜に沸く全国のファンの様子などを紹介した。 

[2018年12月16日 ベトナムフットボールダイジェスト]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる