サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[ベトナム代表]
アジアカップ、ベトナムがイエメンに2発快勝で決勝T進出の可能性を残す

2019/01/17 08:00 JST更新

 UAEで開催中のAFCアジアカップ2019は1月16日にグループDの最終節が行われ、パク・ハンソ監督率いるベトナム代表がイエメン代表に2-0で勝利し、今大会初白星を挙げた。ベトナムはこれで同組3位が確定。今大会では、各組3位のうち上位4チームが決勝トーナメントに駒を進める。ベトナムは各組3位争いで暫定3位につけており、決勝トーナメント進出の可能性を残した。

 注目された他組との3位争いの中、直前の試合でキルギス代表がフィリピン代表に3-1で勝っていたため、ベトナムはこの日、自力で決勝トーナメント進出を決めるためには、3点差での勝利が必要だった。地力に勝るベトナムではあったが、大量得点での勝利が任務とあり、試合開始前から、かなりのプレッシャーがかかっていた。

 ベトナムは立ち上がりから主導権を握ったが、やはり少しかたさが見られ、なかなかフィニッシュまで繋げられず、フィジカルを前面に押し出してくるイエメン相手に中盤でボールを失ってピンチを招く場面も何度かあった。それでも、ベトナムは得意のパス回しで辛抱強くチャンスをうかがうと、39分にFWグエン・コン・フオンがゴール正面やや右で倒されて、絶好の位置でFKを獲得。これをMFグエン・クアン・ハイが直接決めて、ついにベトナムが先制。前半を1点リードで折り返す。

 エースの得点で勢いづいたベトナムは後半もボールを支配。次々と攻撃的な選手を投入して、追加点を奪いにかかる。65分には、FWファン・バン・ドゥックの切れのあるドリブル突破にイエメン守備陣がたまらずペナルティエリア内でファウル。これで得たPKを主将のDFクエ・ゴック・ハイがきっちり決めてベトナムが追加点。

 その後も3点目を目指して果敢に攻めたベトナムだったが、更なるゴールを奪うことは出来ず、試合はこのまま2-0でホイッスル。この結果、ベトナムは勝ち点3を獲得してグループDの3位が確定。各組3位の争いでも、勝ち点2のパレスチナ代表を上回って暫定3位に浮上した。グループリーグは、E組とF組が最終節を残しており、その結果次第でベトナムの決勝トーナメント進出が決まる。ベトナムは最善を尽くした。あとは吉報を待つのみだ。 

[2019年1月17日 ベトナムフットボールダイジェスト]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる