日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>日越45周年U-13国際ユース杯は東急SレイエスがV、川崎Fは惜しくも準優勝
日越45周年U-13国際ユース杯は東急SレイエスがV、川崎Fは惜しくも準優勝
2018/12/18 09:25 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) ベトナムフットボールダイジェスト

 Jリーグ王者川崎フロンターレが主体となって企画した「ベトナム日本 国際ユースカップU-13 in ビンズオン」が2018年12月14日~16日までビンズオン省で開催された。川崎フロンターレと東急Sレイエスの日本勢対決となった決勝は、東急Sレイエスが1-0で競り勝って優勝を決めた。

 今大会は、日越外交関係樹立45周年の記念事業の一環として行われ、日越からそれぞれ4チームが参加。日本からは、川崎フロンターレ、川崎市選抜、東急SレイエスFC、北海道コンサドーレ札幌。ベトナムからは、ベカメックス・ビンズオンFC、ハノイFC、ビンフオックFC、ホーチミン・リヨンFCの計8チームが出場した。

 上位3チームを東急Sレイエス、川崎フロンターレ、北海道コンサドーレ札幌と日本勢が独占する中、ベトナムからはハノイFCがベスト4に入る健闘を見せた。また個人賞では、最優秀GKを渡辺勇樹(東急)、得点王を岡崎寅太郎(川崎F)と平山零音(川崎市選抜)がいずれも5得点で受賞。MVPには地元ベカメックス・ビンズオンのレ・ミン・トゥアンが選ばれた。

 また、大会最終日となる16日の午後には、両国チームから選抜された選手たちによる日越対抗オールスター戦も開催。試合は、前半にベトナムが鮮やかなカウンターから先制したが、後半に日本が一気に3ゴールを挙げて、3-1で逆転勝ち。この試合と閉会式の模様は国営VTVで生中継された。

 この他、会期中には会場周辺エリアに、ファミリーマートやエースコック、大塚製薬(ポカリスエット)など協賛企業各社がブースを出展。さらに、日越の伝統料理が味わえる食体験コーナーやキックターゲットも設置、地元ビンズオン省の小中学校が参加する料理コンテストなども催され、多くの来場者で賑わっていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2018年12月17日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新Othersニュース
これより過去の記事は、Othersサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ホーチミン・シティ 17 10 27
2 ハノイFC 24 12 25
3 タンクアンニン 24 18 21
4 ソンラム・ゲアン 13 9 21
5 タインホアFC 21 20 18
6 ベカメックス・ビンズオン 17 17 18
7 サイゴンFC 17 17 18
8 SHBダナン 18 19 18
9 ベトテルFC 12 18 17
10 ホアン・アイン・ザライ 19 21 15
11 ナムディンFC 14 16 15
12 ハイフォンFC 16 23 15
13 クアンナムFC 17 19 11
14 サンナ・カインホアBVN 15 23 9
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 U-18ベトナム代表タイン・コイ、日本遠征する東南アジア選抜チームに選出 (15日)
【2】 FIFAランク、ベトナムは2ランクアップの96位で東南アジアトップを堅持 (14日)
【3】 越僑GKパトリック・レ・ザン、チェコ1部ボヘミアンズに移籍 (14日)
【4】 ベトナム1部SLNA、ファン・バン・ドゥックが膝の靭帯を損傷で再離脱 (15日)
【5】 U-15ベトナム選手権2019決勝大会、グループAが死の組に (16日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved