サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[Others]
飛び込みで大失態のフィリピン「水しぶき兄弟」、故意の疑いも

2015/06/13 19:50 JST更新

 シンガポールで開催中の第28回東南アジア競技大会(SEA Games2015)で行われた男子3m板飛び込みで、フィリピン代表の選手2人がそろって失敗し共に0点を記録した。およそ国を代表するとは思えない酷い演技はネットで紹介されて、既に世界各国で話題になっている。

 飛び込みに失敗したのは、ジョン・エルメルソン・ファブリガとジョン・デビッド・パホヨの両選手。このうち、ファブリガは背中から着水。続くパホヨは膝から着水して、両選手ともに豪快な水しぶきを上げてプールに落下。その様をネットなどで見た人々から、「スプラッシュブラザーズ(水しぶき兄弟)」などというありがたくないニックネームまで頂戴してしまった。

 なお、フィリピンスポーツ委員会は、両選手が故意に失敗した可能性があると見て、調査を開始する方針を示している。 

[2015年6月13日 ベトナムフットボールダイジェスト]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる