サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[Others]
川崎フロンターレ、「第3回ベトナム-日本国際ユースカップU-13」に向けた選抜チームのセレクションを実施

2020/11/04 09:22 JST更新

 J1川崎フロンターレはホーチミン市郊外に位置するタンロン・スポーツセンターで11月1日(日)、「U-13川崎フロンターレドリームチーム」のセレクションを開催した。このチームは、2020年末に東南部ビンズオン省で開催を予定している「第3回ベトナム-日本国際ユースカップU-13」に川崎フロンターレ選抜として出場する。

 川崎フロンターレは2013年にベトナム1部ベカメックス・ビンズオンと親善試合を行って以降、ベトナムでの活動を活発化させ、子供向けサッカー教室や交流試合を行ってきた。日越外交関係樹立45周年となった2018年には、両クラブの枠を越えて日越4チームずつが参加する「ベトナム日本国際ユースカップU-13」に発展させ、これまで2年連続で開催。2020年はコロナ禍で日本からの海外遠征が難しい状況であり、日本からの参加チームはなしとなるものの、2020年12月に第3回大会の開催を予定している。

 11月1日に実施したセレクションには、地元のサッカー少年のほか、現地在住の日本人児童も参加した。セレクションではホーチミン市で活動する日系サッカースクール「ADVANCE FC」が協力。大会実行委員会がインターネット中継を繋いで川崎フロンターレのコーチ陣もセレクションの様子を見守った。

 ベトナムは、新型コロナを最も効果的に抑え込んでいる国の一つだが、今回のセレクションでは安全のため、参加者にアルコール消毒手洗いや検温を徹底した。

 ウォームアップを終えると、まずはボールコントロール技術の確認。その後、4チームに分かれて15分×3の試合形式のテストが行われた。休憩中に各チームで話し合い、システムやポジションを決めた後にキックオフ。徐々に日差しがきつくなり、気温も上昇する中、子供らは懸命にボールを追いかけた。



 セレクション後は参加メンバー全員で記念撮影。なお、セレクション結果は11月10日に発表される見通し。

 

[2020年11月3日 ベトナムフットボールダイジェスト]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる