日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>ラオス・プレミアリーグ、本間和生擁するラオ・トヨタが初優勝
ラオス・プレミアリーグ、本間和生擁するラオ・トヨタが初優勝
2015/10/28 12:10 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) laoleague.com

 ラオス・プレミアリーグ2015の最終節が10月25日に行われ、日本人ストライカーの本間和生(35歳)を擁するラオ・トヨタがランサン・ユナイテッドとの熾烈な首位争いを制して見事に初優勝を飾った。本間は28ゴールで昨季に続いて得点王に輝いた。

 元U-19ベトナム代表FWグエン・スアン・ナム(21歳)のSHBビエンチャンは惜しくも3位。同選手は今季一時、得点ランキングでトップに立つなど大活躍のシーズンを、20試合出場22ゴール(得点ランキング2位)の成績で終えた。

 グエン・スアン・ナムはチームから残留を強く要請されているが、「ベトナム代表に選ばれてベトナムサッカーの発展に貢献したい。」と述べており、ベトナム復帰の意思は固いとみられる。

 グエン・スアン・ナムは今季、選手層の厚いハノイT&Tのレギュラー争いに敗れて、武者修行のため、ラオスに渡った。この1年は外国人助っ人として、結果が求められる中でエースとして君臨。大きく成長した同選手は来季、レンタル元のハノイT&Tに復帰し、再び激しいレギュラー争いに身を置くことになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[BONGDA 27/10/2015]. 
© Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新東南アジアニュース
これより過去の記事は、東南アジアサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ベトテルFC 26 16 31
2 ハノイFC 27 13 29
3 サイゴンFC 22 11 28
4 タンクアンニン 24 18 28
5 ベカメックス・ビンズオン 20 16 23
6 ホーチミン・シティ 23 20 21
7 ホアン・アイン・ザライ 19 27 20
8 ホンリン・ハティン 16 16 19
9 SHBダナン 22 16 22
10 ソンラム・ゲアン 15 19 21
11 タインホアFC 12 18 19
12 ナムディンFC 16 26 17
13 ハイフォンFC 10 19 16
14 クアンナムFC 21 38 12
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
【2】 Vリーグ1後期第3節、ベトテルが首位を堅持 昨季王者ハノイが2位浮上 (12:00)
【3】 U-16ベトナム女子選手権2020、「ベトナム女性の日」にハノイ市で開幕 (20日)
【4】 Vリーグ1後期第2節、1試合平均観客動員数は3929人 (19日)
【5】 ベトナム1部HCMCのU-22代表MFティエウ・エグサル「フランス人の血が流れているが、僕は越僑じゃない」 (18日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved