日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>世界に衝撃!史上最速のインドネシア人サッカー選手とは何者か?
世界に衝撃!史上最速のインドネシア人サッカー選手とは何者か?
2017/10/27 14:15 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) vietnam.net
(C) Youtube

 10月23日に行われたリーガ1(インドネシア1部)のミトラ・クカルとボルネオFCの試合で生まれた衝撃のゴールが全世界で話題になっている。アウェイのボルネオが2点リードで迎えた71分、同クラブ所属FWテレンス・プヒリが自陣付近でボールをカット、そのまま加速して最後は飛び出してきた相手GKもかわし、無人のゴールマウスにシュートを流し込んだ。そのスピードはまさに超人的。世界から注目されるには十分の衝撃プレーだった。なお、試合はボルネオが4-0で快勝している。

 テレンス・プヒリは、1996年生まれの21歳。スピード自慢のウィンガーで、デビュー当初は、同国の英雄であり、同じくウィンガーの“ボアズ・ソロッサ2世”などと呼ばれた。167cm(162cmとも)と小柄だが、爆発的な加速力とドリブル技術を持ち、クロスの精度も高いため、対峙するDFにとっては、かなり厄介な相手だ。年代別のインドネシア代表にも選ばれた経験があるが、A代表の招集歴はない。

 英大衆紙デイリー・メイルは、その速さをプレミア最速(時速35.5km)のドイツ代表MFレロイ・サネ(マンチェスター・シティ所属)以上と評し、アジアの各メディアでも、「ウェールズ代表FWギャレス・ベイルより速い」「人類最速のウサイン・ボルト級」などと大きく取り上げた。

 リーガ1は今年、元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンや元イングランド代表FWカールトン・コール、元コートジボワール代表MFディディエ・ゾコラ、元マリ代表MFモハメド・シッソコ、元ナイジェリア代表FWピーター・オデムウィンギーなど往年のスター選手を爆買いして話題になった。しかし、シーズンを経るにつれ、サポーター同士の衝突による死亡事件、ピッチ上での乱闘事件が頻発。最近では、試合中に味方選手と衝突したGKが死亡するなど痛ましい事故や事件が相次いでいた。今回のニュースは、インドネシアサッカー界にとって、久しぶりの明るい話題となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2017年10月27日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新東南アジアニュース
これより過去の記事は、東南アジアサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 60 30 53
2 ホーチミン・シティ 41 29 48
3 タンクアンニン 41 33 39
4 ベカメックス・ビンズオン 32 32 36
5 サイゴンFC 37 40 36
6 ベトテルFC 33 40 36
7 ソンラム・ゲアン 32 26 35
8 ホアン・アイン・ザライ 45 46 35
9 クアンナムFC 43 38 34
10 SHBダナン 38 38 33
11 ナムディンFC 32 41 31
12 ハイフォンFC 33 44 30
13 タインホアFC 36 52 26
15 サンナ・カインホアBVN 31 45 25
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 SEA Games男子サッカー、ベトナムが60年ぶりの金メダル、南北統一後では初 (11日)
【2】 ベトナムの若手選手がJリーグ合同トライアウト2019に参加、J3長野で練習参加も (11日)
【3】 SEA Games男子サッカーベトナムを金メダルに導いたパク監督が成功の秘訣を語る (11日)
【4】 SEA Games男子サッカー、ベトナムがカンボジアに4発圧勝で決勝進出 (8日)
【5】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved