日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>メコンクラブ選手権、カインホアがカンボジア王者に大勝で準決勝進出
メコンクラブ選手権、カインホアがカンボジア王者に大勝で準決勝進出
2017/12/15 12:40 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) bongda+

 メコン流域のクラブ王者が激突する第4回トヨタ・メコンクラブ・チャンピオンシップ(TMCC 2017)は、12月13日に1回戦2ndレグ、ボーウング・ケット・アンコール(カンボジアリーグ王者)とサンナ・カインホア(ベトナムリーグ6位)の試合がカンボジア・プノンペンで行われ、カインホアが5-1で圧勝した。

 ベトナム・ハノイ市で行われた1stレグでは、カインホアはFWユースフ・トゥーレがハットトリックを記録するなど攻撃陣が大暴れしたが、守備の乱れから4-4で引き分けた。2ndレグでも攻撃陣は好調を維持。13分にPKのチャンスをユースフ・トゥーレが決めて、カインホアが先制。直後にはMFグエン・ディン・ニョンが鮮やかなミドルシュートを叩き込み追加点。その後、守備のミスから1点を返されるが、カインホアが1点リードで前半を折り返す。

 後半に入ると、ホームのボーウング・ケット・アンコールが反撃に転じて、カインホアは立ち上がりに何度かピンチを迎える。しかし、相手が一人退場となってからは、完全に主導権を握り、次々と得点を重ねていき、終わってみれば、5-1の大差で勝利。一方、藤枝MYFを退団し、ボーウング・ケットに復帰したFWチャン・ワタナカは、これが古巣に戻って最初の試合だったが、チームに勝利をもたらすことはできなかった。

 この結果、カインホアは、2試合トータル9-5(4-4、5-1)で準決勝進出を決めた。ユースフ・トゥーレは、ここまで5得点の大暴れで、得点王争いで断トツのトップに立っている。なお、1回戦を見事に勝ち抜いたカインホアは、12月17日に行われる準決勝でラオスリーグ王者のラオ・トヨタと激突する。準決勝は、ラオス・ヴィエンチャンでの一発勝負となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2017年12月14日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新東南アジアニュース
これより過去の記事は、東南アジアサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 サイゴンFC 13 3 19
2 ホーチミン・シティ 16 7 17
3 ベトテルFC 16 11 15
4 ベカメックス・ビンズオン 12 7 15
5 タンクアンニン 11 13 13
6 ホアン・アイン・ザライ 9 11 13
7 SHBダナン 16 11 12
8 ハノイFC 13 10 12
9 ソンラム・ゲアン 6 9 12
10 タインホアFC 6 11 10
11 ナムディンFC 11 14 9
12 ハイフォンFC 4 14 9
13 ホンリン・ハティン 7 8 8
14 クアンナムFC 9 21 7
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 ベトナム女子国家カップ2020開幕、地元ハノイ・ワタベ1が7発大勝で白星発進 (13日)
【2】 オランダ1部ヘーレンフェーンに期限付き移籍のドアン・バン・ハウ、ハノイFC復帰が決定 (11日)
【3】 ベトナム1部ホーチミン・シティ、元U-20韓国代表ソ・ヨンドク選手に独占取材<4> (12日)
【4】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
【5】 ベトナム1部ホーチミン・シティ、元U-20韓国代表ソ・ヨンドク選手に独占取材<3> (11日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved