日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>本田圭佑、カンボジア代表の実質的監督兼GMに就任
本田圭佑、カンボジア代表の実質的監督兼GMに就任
2018/08/12 14:10 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
bongda+

 日本代表MF本田圭佑(32歳)は8月12日にカンボジアで記者会見を開き、同国男子サッカー代表チームのGM(ゼネラルマネージャー)就任を発表した。肩書は「Head of delegation」で、契約期間は2年。実質的な監督として指揮をとることになるとみられるが、登録上の監督はフェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマス氏(30歳)が就任する。

 本田は、ロシア・ワールドカップ終了後の8月上旬にオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーへの移籍が決まったばかりで、現役を続行しつつ、実質的な監督としてカンボジア代表を指揮するという。現役サッカー選手が国の代表チーム監督に就任するのは異例だ。

 本田新監督は会見で、「基本的にはメルボルンでプレーを続けながら、できる限りカンボジアサッカーに関わっていきたい。目標は、カンボジアサッカーが目指すべきスタイルを確立していくこと。もう一つの目標は、サッカー以外のカンボジアの素晴らしさを世界にアピールしていくこと。」と語った。

 なお、本田監督が就任した新生カンボジア代表の初陣は、9月10日のマレーシア代表戦となる見通しだ。今年末には、東南アジアサッカーの祭典「AFFスズキカップ」も控えている。この大会のグループリーグでは、ベトナムとカンボジアは同じグループAに入っており、ベンチで采配を振るう本田監督の姿が見られるかもしれないと思うと、楽しみで仕方がない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2018年8月12日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新東南アジアニュース
これより過去の記事は、東南アジアサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 55 24 49
2 ホーチミン・シティ 34 25 42
3 タンクアンニン 36 30 34
4 ソンラム・ゲアン 30 23 33
5 ベカメックス・ビンズオン 28 29 32
6 サイゴンFC 32 35 32
7 クアンナムFC 38 33 31
8 SHBダナン 34 31 30
9 ハイフォンFC 30 35 30
10 ナムディンFC 29 33 28
11 ベトテルFC 23 35 27
12 ホアン・アイン・ザライ 34 43 26
13 タインホアFC 34 47 25
14 サンナ・カインホアBVN 27 41 21
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 トルシエ・ベトナム始動、身振り手振りを交えた熱血レクチャーは健在 (16日)
【2】 Vリーグ2019の罰金総額、ハノイがワースト1位、北部がワースト上位独占 (16日)
【3】 AFC U-16女子選手権2019、ベトナムは北朝鮮に10発大敗で黒星発進 (17日)
【4】 2019アジア大学サッカートーナメント、ベトナムからドンナイ工芸大学が出場 (15日)
【5】 AFC U-16選手権2020予選開幕、ベトナムが東ティモールを下し白星発進 (15日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved