日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>J移籍が噂されるティティパンが値千金の同点弾、タイがA組2位で決勝T進出
J移籍が噂されるティティパンが値千金の同点弾、タイがA組2位で決勝T進出
2019/01/15 09:00 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) bongda+

 UAEで開催中のAFCアジアカップ2019は1月14日にグループAの最終節が行われ、タイ代表が開催国UAE代表と1-1で引き分けた。この結果、タイは勝ち点を4に伸ばして、同組2位で決勝トーナメント進出を決めた。タイがアジアカップでグループリーグを突破するのは、47年前に自国開催した1972年大会以来のこと。

 初戦のインド戦で4失点を喫して黒星スタートとなったタイは、この試合の後、ミロヴァン・ライェヴァツ監督が更迭。続く2戦目では、エースのチャナティップ・ソングラシンの活躍でバーレーンを1-0で下しており、あと勝ち点1を上積みすれば、グループリーグ突破が確定という状況で最終節を迎えた。

 最終節でタイは慎重な立ち上がりを見せたが、開始7分に右サイドを崩されて、いきなり失点。このまま敗れると、タイはグループリーグ突破が厳しくなるため、ここから果敢に同点ゴールを狙いに行った。圧倒的にボールを握られる苦しい状況の中、41分に、Jリーグ入りが噂されるMFティティパン・プアンチャンのゴールで同点に追いつき、前半を1-1で折り返す。

 前半のうちに追いついたことでプレッシャーから解放されたタイは、後半にはいると、だいぶ動きが良くなり、UAEにボールを持たせつつ、速攻とセットプレーから勝ち越しを狙う。しかし、両チームともに決勝ゴールを奪うことは出来ず、試合はこのまま1-1でホイッスル。

 なお、同日行われたA組のもう一試合では、バーレーンがインドに1-0で勝利。この結果、A組は開催国UAEが勝ち点5で首位、タイとバーレーンが勝ち点4で並んだが、直接対決でタイが勝っているため、タイが2位通過位。既に勝ち点4を獲得している3位バーレーンも各組3位のうち、上位4チームに入る(※他組の3位争いでは、既に最終的な勝ち点が3しか届かない)ため、A組からはUAE、タイ、バーレーンが決勝トーナメントに駒を進めることが決まった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2019年1月15日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新東南アジアニュース
これより過去の記事は、東南アジアサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 サイゴンFC 10 3 16
2 ベカメックス・ビンズオン 11 6 14
3 ホーチミン・シティ 12 8 14
4 タンクアンニン 11 10 13
5 ベトテルFC 12 11 12
6 ホアン・アイン・ザライ 8 10 12
7 SHBダナン 15 10 11
8 ハノイFC 12 9 11
9 ソンラム・ゲアン 5 8 11
10 タインホアFC 6 8 10
11 ハイフォンFC 4 9 9
12 ホンリン・ハティン 6 7 7
13 クアンナムFC 9 20 7
14 ナムディンFC 10 14 6
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 ベトナム1部ホーチミン・シティ、元U-20韓国代表ソ・ヨンドク選手に独占取材<1> (9日)
【2】 ベトナム1部ホーチミン・シティ、元U-20韓国代表ソ・ヨンドク選手に独占取材<2> (10日)
【3】 オランダ1部ヘーレンフェーンに期限付き移籍のドアン・バン・ハウ、ハノイFC復帰が決定 (9:40)
【4】 ベトナム1部リーグに新風を巻き起こす韓国人助っ人ソ・ヨンドクとアン・ビュンギョン (9日)
【5】 Vリーグ第8節ベスト11、病から復活した若き点取り屋ハー・ドゥック・チンが選出 (10日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved