日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>インドネシア代表、スズキカップ2020で初優勝を目指す
インドネシア代表、スズキカップ2020で初優勝を目指す
2019/02/02 09:08 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) bongda+

 インドネシアサッカー協会(PSSI)はこのほど、インドネシア代表の新監督に就任したスコットランド人のサイモン・マクメネミー氏(41歳)に対し、AFFスズキカップ2020で初優勝を目指すよう命じた。

 インドネシア代表は、昨年末行われたスズキカップ2018でグループリーグ敗退。これを受けて、インドネシア人のビマ・サクティ監督が辞任し、PSSIはサイモン・マクメネミー氏を新監督に任命した。マクメネミー氏は、2010年にフィリピン代表監督をスズキカップのベスト4に導いた実績を持つ。なお、ベトナム代表は2010年大会グループリーグで、フィリピン代表相手に0-2で初黒星を喫している。また、同氏はベトナム1部ドンタム・ロンアンで監督を務めたこともあるが、チームを成功に導くことは出来なかった。

 PSSIのラトゥ・ティシャ事務局長は、マクメネミー監督に対し「新監督に課すのは、インドネシア代表のFIFAランキング向上である。2020年末までに120位以内に入らなければならない。そして、スズキカップ2020での優勝だ。この二つがノルマとなる。」と話した。

 なお、インドネシアのFIFAランキングは現在159位となっており、東南アジアトップのベトナム(100位)とは59ランクも開きがある。しかし、インドネシアも東南アジアの強豪の一つであり、実際のレベルはそれほど差があるわけではない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2019年1月30日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新東南アジアニュース
これより過去の記事は、東南アジアサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ホーチミン・シティ 22 13 33
2 ハノイFC 29 16 30
3 タンクアンニン 28 20 28
4 タインホアFC 28 25 24
5 ソンラム・ゲアン 15 13 23
6 ナムディンFC 21 19 22
7 サイゴンFC 22 24 20
8 SHBダナン 21 23 20
8 ベトテルFC 13 21 20
10 ベカメックス・ビンズオン 18 21 19
11 ハイフォンFC 20 27 19
12 クアンナムFC 23 23 17
13 ホアン・アイン・ザライ 21 27 16
14 サンナ・カインホアBVN 19 28 13
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 ベトナム王者ハノイFC、突然の会長交代を発表 (15日)
【2】 U-15ベトナム代表、日本遠征2戦目はG大阪ユースに0-5敗戦 (16日)
【3】 Vリーグ第15節ベスト11、首位返り咲きのHCMCから最多3人が選出 (15日)
【4】 フットサルのベトナム王者タイソンナム、アジア選手権に向け日本とイランの代表選手補強 (16日)
【5】 Vリーグ2019第15節、ハノイが最下位カインホアに痛恨ドロー、HCMCが首位再浮上 (14日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved