日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>AFC選出、東南アジア最高のスタジアムトップ5にミーディン国立競技場がランクイン
AFC選出、東南アジア最高のスタジアムトップ5にミーディン国立競技場がランクイン
2020/05/05 19:35 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) kenh14

 アジアサッカー連盟(AFC)はこのほど、東南アジアで最高のスタジアムトップ5を選出した。この中には、ベトナム代表のホームであるハノイ市ミーディン国立競技場も含まれている。

 ミーディン国立競技場は、ベトナムが自国開催した2003年の第22回東南アジア競技大会(SEA Games)のために建設した総合運動場で、収容能力は4万0192人。こけら落としは、U-23ベトナム代表と上海緑地申花の親善試合。同スタジアムは2007年に、東南アジア4か国共同開催(インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム)のAFCアジアカップのメイン会場の一つに選ばれた。

 ミーディン国立競技場ではこれまでに様々なドラマが生まれているが、国内のサポーターにとって最も印象深いのは、ベトナム代表が優勝した2008年と2018年のAFFスズキカップ決勝だろう。2008年大会はベトナムにとって初の国際タイトル、2018年大会はベトナムが東南アジア王者の座を確固たるものとする重要な大会だった。

 なお、ミーディン国立競技場の他には、◇スタジアム・オーストラリア(豪州:8万3500人収容)、◇ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム(インドネシア:7万7000人収容)、◇ナショナル・スタジアム・ブキット・ジャリル(マレーシア:8万7000人収容)、◇ラジャマンガラ・スタジアム(タイ:5万人収容)が東南アジアで最高のスタジアムトップ5に選ばれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2020年5月5日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新東南アジアニュース
これより過去の記事は、東南アジアサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ベトテルFC 26 16 31
2 ハノイFC 27 13 29
3 サイゴンFC 22 11 28
4 タンクアンニン 24 18 28
5 ベカメックス・ビンズオン 20 16 23
6 ホーチミン・シティ 23 20 21
7 ホアン・アイン・ザライ 19 27 20
8 ホンリン・ハティン 16 16 19
9 SHBダナン 22 16 22
10 ソンラム・ゲアン 15 19 21
11 タインホアFC 12 18 19
12 ナムディンFC 16 26 17
13 ハイフォンFC 10 19 16
14 クアンナムFC 21 38 12
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
【2】 Vリーグ1後期第3節、ベトテルが首位を堅持 昨季王者ハノイが2位浮上 (12:00)
【3】 U-16ベトナム女子選手権2020、「ベトナム女性の日」にハノイ市で開幕 (20日)
【4】 Vリーグ1後期第2節、1試合平均観客動員数は3929人 (19日)
【5】 ベトナム1部HCMCのU-22代表MFティエウ・エグサル「フランス人の血が流れているが、僕は越僑じゃない」 (18日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved