日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>AFC選出、東南アジア最高のスタジアムトップ5にミーディン国立競技場がランクイン
AFC選出、東南アジア最高のスタジアムトップ5にミーディン国立競技場がランクイン
2020/05/05 19:35 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) kenh14

 アジアサッカー連盟(AFC)はこのほど、東南アジアで最高のスタジアムトップ5を選出した。この中には、ベトナム代表のホームであるハノイ市ミーディン国立競技場も含まれている。

 ミーディン国立競技場は、ベトナムが自国開催した2003年の第22回東南アジア競技大会(SEA Games)のために建設した総合運動場で、収容能力は4万0192人。こけら落としは、U-23ベトナム代表と上海緑地申花の親善試合。同スタジアムは2007年に、東南アジア4か国共同開催(インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム)のAFCアジアカップのメイン会場の一つに選ばれた。

 ミーディン国立競技場ではこれまでに様々なドラマが生まれているが、国内のサポーターにとって最も印象深いのは、ベトナム代表が優勝した2008年と2018年のAFFスズキカップ決勝だろう。2008年大会はベトナムにとって初の国際タイトル、2018年大会はベトナムが東南アジア王者の座を確固たるものとする重要な大会だった。

 なお、ミーディン国立競技場の他には、◇スタジアム・オーストラリア(豪州:8万3500人収容)、◇ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム(インドネシア:7万7000人収容)、◇ナショナル・スタジアム・ブキット・ジャリル(マレーシア:8万7000人収容)、◇ラジャマンガラ・スタジアム(タイ:5万人収容)が東南アジアで最高のスタジアムトップ5に選ばれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2020年5月5日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2021 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新東南アジアニュース
これより過去の記事は、東南アジアサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 サイゴンFCのビン会長、J3クラブとの提携計画を発表 近くクラブ名を公表へ (26日)
【2】 サイゴンFCのMFカオ・バン・チエン「日本行きの決断を後悔しない。全力でプレーするだけ」 (26日)
【3】 サイゴンFCの霜田監督が地元メディアの取材に応じる。FC琉球移籍のカオ・バン・チエンについても言及 (27日)
【4】 1部ベカメックス・ビンズオン、ワシがモチーフのクラブ公式マスコットを発表 (26日)
【5】 サイゴンFCが霜田正浩氏を新監督に任命、日本人MF苅部隆太郎は新設部門の担当者に (25日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2021 All Rights Reserved