サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[東南アジア]
ラオスプレミアリーグ2016、ランサン・ユナイテッドが初優勝

2016/10/04 06:32 JST更新

 ラオスプレミアリーグ2016は2日に第25節の試合が行われ、ランサン・ユナイテッドが今季熾烈な首位争いを繰り広げてきたライバルのラオ・トヨタを3-1で下して初優勝した。

 ランサンは、ラオス代表FW Khampheng Sayavutthiがハットトリックの活躍。昨季王者のラオ・トヨタも日本人FW本間和生のゴールで1点を返すが、あと一歩及ばなかった。この結果、残り1試合を残した現時点で、首位ランサン(勝ち点70)と2位ラオ・トヨタ(同64)の勝ち点差が6に開いたため、ランサンの初優勝が決まった。

 なお、リーグ優勝のランサンは、トヨタ・メコンクラブ・チャンピオンシップ(TMCC 2016)およびAFCカップ2017グループステージの出場権を獲得した。ランサンには現在、MF能登正人、MF内田昂輔、MF高松健太郎の3人の日本人選手が所属している。 

[Football Channel Asia October 3, 2016 ]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる