サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[東南アジア]
英紙が選ぶアジア人選手トップ50、札幌加入“タイのメッシ”が15位、香川を上回る

2017/05/25 11:40 JST更新

 英紙FourFourTwoはこのほど、2017年のアジア人プレーヤートップ50を発表した。東南アジア(※オーストラリアを除く)からは、タイ代表から4人、インドネシア代表から1人の計5人が選出された。

 このうち、最上位は15位に入った“タイのメッシ”こと同国代表MFチャナティプ・ソングラシン(23歳)。タイ1部ムアントン・ユナイテッドで活躍中の同選手は、今年7月にJ1北海道コンサドーレ札幌へ期限付き移籍することがすでに決まっている。この順位は、ヨーロッパでプレーする日本代表のMF香川真司(19位)、MF長谷部誠(17位)、DF吉田麻也(16位)らを上回る。

 東南アジアからはこのほか、タイ代表のFWティーラシン・デーンダー(26位)、GKカウィン・タンマサッチャーナン(36位)、DFテーラトン・ブンマタン(49位)、インドネシア代表のFWボアズ・ソロッサ(50位)が選ばれた。

 なお、2017年のアジア人プレーヤートップ10は以下の通り

1位:MFオマル・アブドゥッラフマーン(UAE:アル・アイン)
2位:FWソン・フンミン(韓国:トッテナム・ホットスパー)
3位:FW岡崎慎司(日本:レスター・シティ)
4位:FWサルダル・アズムン(イラン:FCロストフ)
5位:MFアーロン・ムーイ(オーストラリア:ハダースフィールド・タウンFC)
6位:FW原口元気(日本:ヘルタ・ベルリン)
7位:FWレザ・グーチャンネジャード(イラン:SCヘーレンフェーン)
8位:FWアーメド・カリル(UAE:アル・アハリ・ドバイ)
9位:FWウー・レイ(中国:上海上港)
10位:MFキ・ソンヨン(韓国:スウォンジー・シティ) 

[2017年5月25日 ベトナムフットボールダイジェスト]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる