サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[東南アジア]
東京五輪予選を兼ねたAFC U-23選手権2020、タイ開催が決定

2018/09/04 06:48 JST更新

 アジアサッカー連盟(AFC)はこのほど、2020年のAFC U-23選手権本大会の開催地について、タイでの開催を正式に決定した。同大会は、2020年1月8日から26日まで行われる。

 AFC U-23選手権は、2014年と2016年の大会を西アジアで開催していたことから、AFCは2018年と2020年の大会を東アジアで開催する方針を示しており、このうち2018年大会は、今年初めに中国で開催されている。東アジアが候補地となっていることで、オーストラリア、マレーシア、ベトナムなどが名乗りを上げたが、AFCは今回、タイを開催地に選んだ。

 2020年のAFC U-23選手権は、同年の東京五輪予選も兼ねており、非常に重要な大会となる。この大会の上位3チームが五輪出場権を獲得。開催地の日本は既に出場権を持っているため、もし日本が準決勝に勝ち残れば、ベスト4のチームが自動的に五輪行きのチケットを手にする。

 なお、AFC U-23選手権予選は、2019年3月18日から26日まで開催。予選は計10グループに分けて行われ、各組上位1チームおよび2位のうち成績上位5チームが本大会にコマを進める。 

[2018年9月2日 ベトナムフットボールダイジェスト]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる