サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[東南アジア]
国際交流基金、東南ア選抜 vs 東北選抜のU-18サッカー国際親善試合を開催

2019/03/14 09:11 JST更新

 国際交流基金アジアセンターは3月12日、公益財団法人日本サッカー協会(JFA)との共催、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の後援で、6月22日(土)に開催する、U-18東南アジア選抜チーム「ASIAN ELEVEN」 vs U-18東北選抜の国際親善試合「JapaFunCup(ジャパファンカップ)」の詳細及び東南アジアチームの選抜選手を発表した。

 JapaFunCupでは、東南アジア11か国から選抜されたU-18選手が、アジアで最も多様なチーム「ASIAN ELEVEN」を結成、東北各県から選抜されるU-18選抜選手と対決する。「ASIAN ELEVEN」監督は、ジュビロ磐田、清水エスパルスで活躍した元Jリーグ選手の古賀琢磨氏。東南アジア各国でアンダー世代を率いた実績が評価されている。記者会見で古賀監督は、「未来のアジア、世界のサッカーを担って羽ばたく選手が育つことを願っています」と語った。

 日本と東南アジアサッカーの若い力を育成するこの事業には、強力なサポーターが顔を揃える。テーマソング「I BELIEVE」を歌うのは、ボーカルグループとして圧倒的な歌唱力で躍進しているLittle Glee Monster。またユニフォームデザインは、Kawaii文化を始め日本のポップカルチャーを世界に発信している増田セバスチャン氏が手掛けた。

 「ASIAN ELEVEN」は、福島県での試合の後、今年7月に、ベトナムのハノイでも国際親善試合開催が予定されている。国際交流基金アジアセンターは、サッカーを通じて日本と東南アジアの文化交流を推進していく方針。

【国際親善試合「JapaFunCup」開催概要】
日時:2019年6月22日(土)
14:00 (キックオフ予定)
会場:Jヴィレッジ スタジアム 

[2019年3月12日 国際交流基金アジアセンタープレスリリース]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる