日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>川崎フロンターレ、ベトナム・ビンズオン省でサッカークリニック開催
川崎フロンターレ、ベトナム・ビンズオン省でサッカークリニック開催
2016/11/23 09:00 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) 川崎フロンターレ

 J1川崎フロンターレの指導者らが11月16日から20日の日程で、ベトナム東南部ビンズオン省を訪問し、地元ベカメックス・ビンズオンのアカデミーに所属するU-14の選手らを対象にサッカークリニックを実施した。これは、国際交流基金とJリーグ、JFAの連携協定のもとで、ASEAN10か国のサッカー少年に対して、日本のプロ指導者がコーチングを行い、ASEANサッカーのレベル底上げに貢献していくもの。また、この活動はSport for Tomorrowの一環でもある。

 ベカメックス・ビンズオンは、Vリーグ優勝4回・ベトナムカップ優勝2回を数える強豪で、今年はACLにも出場している。これまでは、大型投資で他クラブからスター選手を補強することで結果を残してきたが、3連覇を目指した今季のリーグ戦でまさかの9位に沈んだことで方針を転換。今後は若手育成に注力していく方針を示している。

 川崎とビンズオンは、両クラブのスポンサーであるビンズオン投資・工業開発総公社(ベカメックスIDC)と東京急行電鉄株式会社(東急電鉄)が、ビンズオン省で不動産案件を共同開発している関係で、2013年にトップチーム同士が親善試合を開催。その後も定期的にアカデミーや指導者間の交流を続けている。

 今回のサッカークリニックでは、川崎の指導陣らが5日間にわたり、ビンズオンのアカデミー生を直接指導。当初は、目的意識をしっかりと植え付けていく細かい指導法に戸惑っていた選手たちだったが、慣れてくると教わったことをみるみる吸収していき、その飲み込みの早さには指導陣も驚きの表情を見せた。練習後には、練習中やミニゲーム中に意識したことを言葉にすることでアウトプット。最後は、アカデミーの選手たちの「ありがとうございました!」という日本語のあいさつで締めくくられた。

 なお、川崎フロンターレは12月中にも川崎のアカデミー生を連れてベトナム遠征を行い、現地の強豪アカデミーなどと親善試合を行う予定だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2016年11月20日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新Vリーグニュース
これより過去の記事は、Vリーグサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 サイゴンFC 19 6 23
2 ベトテルFC 19 13 19
3 タンクアンニン 15 14 19
4 ハノイFC 17 10 18
5 ホーチミン・シティ 16 11 17
6 ホアン・アイン・ザライ 12 12 17
7 ベカメックス・ビンズオン 13 9 16
8 タインホアFC 7 11 14
9 SHBダナン 18 14 13
10 ホンリン・ハティン 9 9 12
11 ソンラム・ゲアン 7 13 12
12 ナムディンFC 12 18 10
13 ハイフォンFC 5 15 10
14 クアンナムFC 13 27 8
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 ベトナム1部HCMC、コスタリカ代表のストライカー2人を獲得 (6日)
【2】 ベトナム1部タインホアFC、Vリーグ残り試合の不参加を表明 (7日)
【3】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
【4】 ベトナム女子リーグ2020、新型コロナ感染拡大で延期が決定 (7日)
【5】 U-17ベトナム選手権2020、HAGLやサイゴンが予選突破 (5日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved