日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>Vリーグで尻向けPKの珍事件発生、ロンアンFCが判定に抗議で試合放棄
Vリーグで尻向けPKの珍事件発生、ロンアンFCが判定に抗議で試合放棄
2017/02/20 09:12 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) Gia Khanh bongda
(C) YouTube

 Vリーグは2月19日に第6節の試合が各地で行われた。今節では、ホーチミン・シティ(HCMC)とロンアンFCの試合で、終盤のPKの際にGKがキッカーに尻を向けてゴールマウスに立つというサッカー史上に残る珍事件が発生した。

 HCMCのホームであるトンニャット・スタジアムで行われた試合は、2-2で迎えた後半34分、HCMCのMFチャン・タイン・ビンが右サイドからクロスを上げ、これを相手GKが難なくキャッチ。しかし、GKがボールを処理する前、このクロスに走り込んでいたFWディアチェンコが相手DFとペナルティーエリア内で交錯し、主審がDFのファウルをとってPKの判定となる。

 この判定に納得がいかないロンアンサイドが猛抗議。試合は約10分にわたり中断したが、判定が覆ることはなく、PKが行われることになった。しかし、ロンアンはプレー続行を拒否。殆どの選手がベンチ付近で棒立ちとなり、GKのみゴールマウスに立った。

 そのGKもキッカーが蹴る瞬間にわざと背中を向け、プレーする意思をみせなかった。その後のアディショナルタイムでロンアンは定位置にこそついたが、わざとHCMCにボールを渡して、一切守備はせずに連続失点。前代未聞の珍事件が発生した試合はHCMCが5-2で勝利。なお、ロンアンはこの敗戦により、最下位に転落した。

 ロンアンの会長は試合後、「主審がこのようなミスを繰り返していては、ベトナムサッカーは成長しない。」と憤慨した。一方、ベトナムプロサッカー株式会社(VPF)は、「ロンアンの態度は、Vリーグと観客へのリスペクトに欠くもので、とうてい容認できるものではない。」とし、大きなペナルティを科す方針を示した。

 この他の会場では、タンクアンニンがホームでソンラム・ゲアン(SLNA)と対戦。SLNAの守備のミスで得たチャンスを頼れる主将のMFブー・ミン・トゥアンの2ゴールでしっかりとものにしたタンクアンニンが2-1で競り勝った。また、ホアン・アイン・ザライとベカメックス・ビンズオンの試合は一進一退の攻防となったが、終了間際に左SBブー・バン・タインが値千金のゴールを挙げて、アウェイのHAGLが1-0で勝利し、今季2勝目を飾った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2017年2月20日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2018 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新Vリーグニュース
これより過去の記事は、Vリーグサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 21 3 20
2 タンクアンニン 11 8 14
3 ベカメックス・ビンズオン 12 9 13
4 サンナ・カインホアBVN 7 4 13
5 FLCタインホア 11 10 12
6 XSKTカントー 10 11 11
7 ハイフォンFC 7 9 10
8 SHBダナン 10 13 10
9 ホアン・アイン・ザライ 10 14 10
10 クアンナムFC 7 10 9
11 ホーチミン・シティ 7 13 9
12 サイゴンFC 11 12 7
13 ソンラム・ゲアン 8 9 7
14 ナムディンFC 5 12 4
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 “ベトナムの英雄”レ・コン・ビンの自伝、5月23日から全国で発売開始 (22日)
【2】 ベトナム女子リーグ2018開幕!4連覇狙うHCMC1が白星発進 (23日)
【3】 Vリーグ第8節、首位ハノイが最下位ナムディンに快勝で独走態勢突入 (22日)
【4】 ヤンマー、東南アジアサッカー選手権2018のオフィシャルスポンサー契約を締結 (20日)
【5】 ベトナム女子リーグ2018、前期シーズンが5月21日に開幕 (15日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
 
Copyright ©Vietnam-football.com 2018 All Rights Reserved