日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>ベトナム代表コン・フオン、トライアウト先は仏2部クレルモンと判明
ベトナム代表コン・フオン、トライアウト先は仏2部クレルモンと判明
2019/06/21 03:00 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) bongda+

 期限付き移籍先の韓国1部仁川ユナイテッドを5月末に退団して、今後の去就に注目が集まっているベトナム1部ホアン・アイン・ザライ(HAGL)所属の同国代表FWグエン・コン・フオン(24歳)。フランスでトライアウトに参加することは発表されていたが、その行き先がフランス2部クレルモン・フットであることが関係者のコメントで明らかとなった。同選手は6月末に渡仏する予定だ。

 “ベトナムのメッシ”の異名で知られるグエン・コン・フオンは、国内屈指のスター選手であり、今年初めに行われたAFCアジアカップでは、ワントップで起用されてチームのベスト8に大きく貢献。大会終了後に自身2度目となる海外移籍(一度目はJ2水戸ホーリーホック)で、仁川ユナイテッドに期限付き移籍した。しかし、いざ開幕すると、チームは絶不調。当初は控えメンバーながら、終盤に出番をもらっていたが、チームが残留争いを強いられたことで、何度も指揮官が交代し、同選手も次第にチームの中で居場所を失っていった。

 シーズン折り返しのタイミングで同選手は仁川の退団を決定。新たな挑戦を表明して、ヨーロッパ移籍の道を模索する中、フランス2部リーグ挑戦の話が持ち上がり、当初はパリFCまたはシャモア・ニオールFCでトライアウトを受けると報じられていたが、その後にHAGLがこれを否定。今回、クレルモン・フット側がグエン・コン・フオンの受け入れを認めたことで、トライアウト先が判明した。

 クレルモン・フットは1911年設立の歴史あるクラブだが、1部リーグに昇格したことは一度もない。2018-2019シーズンは2部リーグで20チーム中10位という成績だった。過去に目立った実績もなく世界的には無名のクラブだが、2014年シーズンに同国の男子プロサッカークラブとして、初の女性監督が就任したことは世界中で大きく報じられた。

 今回のトライアウトで契約を勝ち取ることができれば、グエン・コン・フオンにとって3度目の海外移籍。さらには、北中部地方ゲアン省出身の偉大な同郷の先輩“ベトナムの英雄”ことレ・コン・ビン(元ポルトガル1部レイションイスSC)に続いて、ヨーロッパでプレーする2人目のベトナム人選手となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2019年6月21日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新Vリーグニュース
これより過去の記事は、Vリーグサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ハノイFC 60 30 53
2 ホーチミン・シティ 41 29 48
3 タンクアンニン 41 33 39
4 ベカメックス・ビンズオン 32 32 36
5 サイゴンFC 37 40 36
6 ベトテルFC 33 40 36
7 ソンラム・ゲアン 32 26 35
8 ホアン・アイン・ザライ 45 46 35
9 クアンナムFC 43 38 34
10 SHBダナン 38 38 33
11 ナムディンFC 32 41 31
12 ハイフォンFC 33 44 30
13 タインホアFC 36 52 26
15 サンナ・カインホアBVN 31 45 25
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 トルシエ監督、U-19ベトナム代表の試合内容に不満あらわ「日本戦はもっと良い試合に」 (10日)
【2】 AFC U-19選手権予選突破のベトナム代表トルシエ監督「我々は日本を封じ込めた」、終盤15分のプレーについても言及 (11日)
【3】 AFC U-19選手権、トルシエ監督率いるベトナムが日本とスコアレスドロー、2位で予選突破を決める (11日)
【4】 AFFアウォーズ2018-2019、ベトナム代表グエン・クアン・ハイが東南アジアMVP受賞 (9日)
【5】 ベトナム代表、W杯2次予選UAE戦に向けたメンバー25人を発表 (11日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved