日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>Vリーグ1後期第2節、サイゴンが今季2敗目でベトテルが首位に浮上
Vリーグ1後期第2節、サイゴンが今季2敗目でベトテルが首位に浮上
2020/10/17 12:46 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) bongda+

 ベトナム1部Vリーグ1-2020は10月14日から16日にかけてシーズン後期の第2節が各地で行われた。上位8チームによるグループAでは、首位サイゴンFCがアウェイでベカメックス・ビンズオンに1-3で敗れて今季2敗目を喫した。

 一方、2位ベトテルFCはアウェイでホーチミン・シティ(HCMC)に1-0で競り勝ったため、サイゴンFCを勝ち点1差で上回り、ベトテルが首位に浮上した。なお、HCMCではFWグエン・コン・フオンが足の指を負傷して欠場した影響で、この日は新加入のコスタリカ代表2トップが初めて揃ってスタメン出場したが、大きなインパクトは残せずに攻撃陣が沈黙し、ホームで痛い完封負けとなった。

 この他の会場では、逆転優勝を狙う昨季王者ハノイFCがアウェイでホアン・アイン・ザライ(HAGL)に4-0で勝利して3位に浮上。2位サイゴンFCとの勝ち点差は1、首位ベトテルとの勝ち点差は2となり、好調ハノイがついに首位を射程圏に捉えた。

 グループAの今節の結果は以下の通り。

HCMC 0-1 ベトテル
ビンズオン 3-1 サイゴン
HAGL 0-4 ハノイ
ハティン 1-1 タンクアンニン

 下位6チームによるグループBでは、タインホアFCがホームでクアンナムFCに2-1で逆転勝ちを収めて、3試合を残し1部残留が確定。一方、最下位クアンナムはグエン・タイン・コン氏(前タインホア監督)を新監督に迎えての初陣だったが、指揮官の船出を白星で飾ることは出来なかった。熱帯低気圧の影響による豪雨の中での試合となったナムディンFCとSHBダナンの一戦は、ナムディンが1-0で勝利し1部残留に向けて大きく前進した。

 グループBの今節の結果は以下の通り。

タインホア 2-1 クアンナム
ナムディン 1-0 SHBダナン
SLNA 1-0 ハイフォン

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2020年10月17日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新Vリーグニュース
これより過去の記事は、Vリーグサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ベトテルFC 29 16 41
2 ハノイFC 37 16 39
3 サイゴンFC 30 19 34
4 タンクアンニン 27 26 31
5 ホーチミン・シティ 30 26 28
6 ベカメックス・ビンズオン 26 22 28
7 ホアン・アイン・ザライ 27 36 23
8 ホンリン・ハティン 19 24 20
9 SHBダナン 26 22 23
10 ソンラム・ゲアン 17 21 23
11 タインホアFC 16 22 21
12 ハイフォンFC 15 25 19
13 ナムディンFC 19 30 18
14 クアンナムFC 28 41 18
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 ベトナム1部ナムディンFC、2020年の観客動員数で東南アジアトップ (11/30)
【2】 飛び込みで大失態のフィリピン「水しぶき兄弟」、故意の疑いも (15/6/13)
【3】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
【4】 1部HCMC、元コスタリカ代表アリエル・フランシスコ・ロドリゲスを契約解除 (11/30)
【5】 SEA Games2015で輝いた東南アジアのセクシー美女アスリートトップ10 (15/6/18)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved