日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>Vリーグ1後期第3節、ベトテルが首位を堅持 昨季王者ハノイが2位浮上
Vリーグ1後期第3節、ベトテルが首位を堅持 昨季王者ハノイが2位浮上
2020/10/21 12:00 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) bongda+

 ベトナム1部Vリーグ1-2020は10月19日と20日の両日にシーズン後期の第3節が各地で行われた。上位8チームによるグループAでは、前節の結果で首位に浮上したベトテルがホームでベカメックス・ビンズオンと対戦。ベトテルは立ち上がりにPKで決めた1点を守り切って首位をキープした。

 サイゴンFCとホーチミン・シティ(HCMC)による注目のサイゴンダービーはスコアレスドローで勝ち点1を分け合った。HCMCはこの試合で、元U-20韓国代表MFソ・ヨンドクが負傷退場。右ひざの靭帯損傷とされ、今季残り試合を欠場することになった。HCMCでは、ベトナム代表FWグエン・コン・フオン、元U-20ベトナム代表FWラム・ティ・フォンも負傷で長期離脱を余儀なくされており、苦しい台所事情となっている。

 エースのベトナム代表MFグエン・クアン・ハイの復調と共に、尻上がりに調子を上げてきた昨季の王者ハノイFCはホームでホンリン・ハティン(HLHT)に1-0で勝利。今節の結果でハノイがサイゴンを上回って2位に浮上。首位ベトテルとの勝ち点差は2となっている。

 グループAの今節の結果は以下の通り。

サイゴン 0-0 HCMC
ベトテル 1-0 ビンズオン
タンクアンニン 3-1 HAGL
ハノイ 1-0 HLHT

 下位6チームによるグループBでは、最下位クアンナムFCがホームでナムディンFCに2-0で勝利し、グエン・タイン・コン氏を新監督に向かえて以降で初の白星を挙げて1部残留に望みをつなげた。残留争いのライバルであるハイフォンFCもホームでタインホアFCに2-0で快勝した。グループBは残り2節、最下位クアンナムとハイフォンの勝ち点差は4となっており、次節の結果でクアンナムの降格が決まる可能性がある。

 グループBの今節の結果は以下の通り。

SHBダナン 2-0 SLNA
ハイフォン 2-0 タインホア
クアンナム 2-0 ナムディン

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2020年10月21日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新Vリーグニュース
これより過去の記事は、Vリーグサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ベトテルFC 29 16 41
2 ハノイFC 37 16 39
3 サイゴンFC 30 19 34
4 タンクアンニン 27 26 31
5 ホーチミン・シティ 30 26 28
6 ベカメックス・ビンズオン 26 22 28
7 ホアン・アイン・ザライ 27 36 23
8 ホンリン・ハティン 19 24 20
9 SHBダナン 26 22 23
10 ソンラム・ゲアン 17 21 23
11 タインホアFC 16 22 21
12 ハイフォンFC 15 25 19
13 ナムディンFC 19 30 18
14 クアンナムFC 28 41 18
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 元日本代表MF松井大輔、ベトナム1部サイゴンFCに完全移籍 (3日)
【2】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
【3】 1部ハノイFC会長、グエン・クアン・ハイの海外移籍について言及「韓国や日本からオファー」 (2日)
【4】 1部HCMC、ブラジル2部グアラニからFWワギーニョを獲得へ (3日)
【5】 ベトナム代表DFドアン・バン・ハウが怪我を再発 W杯2次予選とスズキカップ出場に黄信号 (3日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved