サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[女子サッカー]
女子アジア杯、タイが大健闘も一歩及ばず、PK戦で豪州に敗れ準決勝敗退

2018/04/18 09:00 JST更新

 AFC女子アジアカップ2018ヨルダン(兼FIFA女子ワールドカップ2019最終予選)は4月17日に準決勝が行われ、タイ女子代表(A組2位)とオーストラリア女子代表(B組1位)が対戦した。試合は、タイが終盤まで2-1とリードしていたが、後半アディショナルタイムに同点とされ、結局、延長・PK戦の末にタイが敗れた。

 今大会の優勝候補オーストラリアは、グループリーグで東南アジア女王のベトナムを8-0で下しており、タイも劣勢が予想された。しかし、4年前にワールドカップ初出場を経験した躍進著しいタイは、既にアジアのトップレベルに迫っていることが、この試合で証明された。

 試合は、タイが立ち上がりから積極的に仕掛けたが、17分にオウンゴールで失点。しかし、これにもめげず、僅か3分後には速攻から同点に追いつき、1-1で前半を折り返す。タイは前半、守備陣が素晴らしい集中力を見せ、フィジカルを活かしたオーストラリアの攻撃をしのぎ、カウンターで何度も決定機を作った。

 後半に入ると、勝ち越しを狙うオーストラリアがさらに攻勢を強めるが、なかなかタイの堅いブロックを崩せない。逆に63分、相手守備陣のミスを突いて、タイが2点目を決めて逆転に成功。初の決勝進出が目前に迫ったタイだったが、終盤に一人退場者を出して数的不利になると、93分にCKからケネディに頭で決められ、土壇場で同点とされ、試合はこのまま延長に突入。

 一人少ないタイは、延長も死力を尽くしてオーストラリアの猛攻をしのぎ切り、2-2のまま終了。勝敗の行方はPK戦に委ねられることになる。オーストラリアは最初のキッカーが失敗。これで有利になったタイだが、2人目以降のキッカーが3人連続で失敗して、結局、3-1でこのPK戦を落とし、惜しくも準決勝敗退となった。

 なお、同日行われた準決勝のもう一試合では、日本女子代表(なでしこジャパン)が中国女子代表に3-1で快勝。この結果、21日の決勝は、日本vsオーストラリアのカードとなった。敗れたタイと中国は、20日の3位決定戦に進むことになった。 

[2018年4月18日 ベトナムフットボールダイジェスト]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる