サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[女子サッカー]
2大会連続のW杯行きを決めたタイ女子代表に1億2000万円の報奨金

2018/04/25 12:20 JST更新

 タイサッカー協会(FAT)およびスポンサー各社はこのほど、4月に開催されたAFC女子アジアカップ2018ヨルダン(兼FIFA女子ワールドカップ2019最終予選)でベスト4に入り、2大会連続2度目のワールドカップ行きを決めたタイ女子代表チームに総額3500万バーツ(約1億2000万円)の報奨金を贈ることを決定した。

 チームマネージャーであり、パトロンでもある実業家のヌアンパン・ラムサム女史(通称マダム・パン)は帰国後、バンコック・ポスト紙の取材に対し、「多くの人々がタイは楽なグループに入ったおかげで、良い成績が残せたと考えているかもしれません。しかし、タイは準決勝でPK戦の末に敗れはしましたが、オーストラリアと120分の死闘を演じました。私たちはワールドカップ出場に相応しいチームであると胸を張って言うことができます。」と述べた。

 なお、タイメディアによると、報奨金の額は今後さらに増える可能性もあるとのこと。タイ女子代表はかつて、アジアの強豪としてAFC女子選手権(現AFC女子アジアカップ)で優勝1回(1983)、準優勝3回(1975、1977、1981)を果たしており、その後は低迷していたが、近年再び力をつけてきている。 

[Edward Tien,football-tribe Tháng Tư 24, 2018 | 2:00 chiều]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる