サッカーニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる

[女子サッカー]
女子W杯、タイは無念の3連敗でGL敗退、マダムパンと監督が辞任表明

2019/06/22 06:13 JST更新

 タイ女子代表は6月20日に行われたFIFA女子ワールドカップ2019グループFの第2節でチリ女子代表と対戦して0-2で敗れた。これでタイは3連敗、1得点、20失点という成績で2度目のワールドカップを終えた。
 
 この試合後、12年にわたりタイ女子代表をサポートしてきた、タイの実業家で、チームマネージャーのNualphan Lamsam女史(通称マダムパン:53歳)が辞任。さらに、タイ女子代表監督のNuengruethai Sathongwien(47歳)も辞任を表明した。

 同監督とマダムパンは二人三脚でタイ女子サッカーの発展に貢献し、タイを2大会連続のワールドカップ出場に導いた。二人の辞任は、タイ女子サッカーの一つの時代が終わったことを意味する。 

[2019年6月21日 ベトナムフットボールダイジェスト]
© Myanmar-jo.com 2012 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる