日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>AFFスズキカップ2018、快進撃のベトナムが10年ぶりの決勝進出!
AFFスズキカップ2018、快進撃のベトナムが10年ぶりの決勝進出!
2018/12/06 22:00 JST配信
(C) bongda+
(C) YouTube

 AFFスズキカップ2018は12月6日、ベトナム代表とフィリピン代表の準決勝2ndレグがミーディン国立競技場で行われ、ホームのベトナムが2-1でフィリピンを下した。ベトナムは準決勝2試合合計4-2で決勝進出。ベトナムが決勝に駒を進めるのは、初優勝した2008年以来、実に10年ぶりのこと。

 アウェイで行われた1stレグで先勝しているベトナムは、大きなアドバンテージを持って、ホームでの2ndレグに臨んだ。ベトナムは立ち上がりから、積極的なプレスで主導権を握ると、スピードがある両サイドと前線のシャドー2枚が目まぐるしく動き回って、相手守備陣を翻弄し、チャンスを作っていく。しかし、ベトナムも決定機を活かせず、前半をスコアレスで折り返す。

 後半に入ると、もう後がないフィリピンが攻勢を強める。その後は中盤でのつぶし合いが続き、後半の中ほどで、ベトナムのパク・ハンソ監督が選手交代のカードを切る。ベトナムは、中盤の守備力を強化するため、グエン・フイ・フンを投入。さらに、疲れが見えるベテランFWグエン・アイン・ドゥックに代えて、若いグエン・ティエン・リンを投入。

 これで前線の動きが活性化され、再びベトナムが押し気味に試合を進めるようになる。83分には、左サイドからの折り返しを受けたMFグエン・クアン・ハイが落ち着いてゴールに流し込んで、ついにベトナムが先制。直後には、途中出場で入ったばかりのFWグエン・コン・フオンが強引なドリブル突破から追加点。一気にベトナムが畳みかける。

 その後、終了間際にゴール前の混戦から、こちらも途中出場のFWジェームズ・ヤングハズバンドのゴールでフィリピンに1点を返されるが、アディショナルタイム5分をしっかりしのぎ切り、ベトナムが2-1で勝利。2018年年初のAFC U-23選手権準優勝、夏のアジア競技大会(ASIAD)ベスト4に続き、今年最後の大イベントであるAFFスズキカップでも決勝進出。決勝のカードは、ベトナムvsマレーシア。ベトナムはグループリーグでマレーシアに2-0で快勝している。10年ぶり悲願の優勝に向けて、全国民がベトナム代表(ゴールデンスター)を後押ししている。


[2018年12月6日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved.  免責事項

この記事へのリアクション

コメントをどうぞ

最新ベトナム代表ニュース

これより過去の記事は、ベトナム代表サッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 ホーチミン・シティ 22 13 33
2 ハノイFC 29 16 30
3 タンクアンニン 28 20 28
4 タインホアFC 28 25 24
5 ソンラム・ゲアン 15 13 23
6 ナムディンFC 21 19 22
7 サイゴンFC 22 24 20
8 SHBダナン 21 23 20
8 ベトテルFC 13 21 20
10 ベカメックス・ビンズオン 18 21 19
11 ハイフォンFC 20 27 19
12 クアンナムFC 23 23 17
13 ホアン・アイン・ザライ 21 27 16
14 サンナ・カインホアBVN 19 28 13
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 ベトナム王者ハノイFC、突然の会長交代を発表 (15日)
【2】 U-15ベトナム代表、日本遠征2戦目はG大阪ユースに0-5敗戦 (16日)
【3】 Vリーグ第15節ベスト11、首位返り咲きのHCMCから最多3人が選出 (15日)
【4】 フットサルのベトナム王者タイソンナム、アジア選手権に向け日本とイランの代表選手補強 (16日)
【5】 Vリーグ2019第15節、ハノイが最下位カインホアに痛恨ドロー、HCMCが首位再浮上 (14日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2019 All Rights Reserved