日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>川崎F、ベトナムでサッカークリニック&アカデミー親善試合を実施
川崎F、ベトナムでサッカークリニック&アカデミー親善試合を実施
2015/12/27 12:00 JST配信
(C) ベトナムフットボールダイジェスト

 J1川崎フロンターレは12月19日と20日の両日、ベトナム東南部ビンズオン省でサッカークリニックおよび地元ベカメックス・ビンズオンとアカデミー同士の親善試合を行った。今回のクラブ間交流は、国際交流基金、日本サッカー協会、Jリーグの3者が協力して行うアジアにおけるサッカー交流事業の一環。

 ビンズオンは、「ベトナムの英雄」レ・コン・ビン(元札幌)をはじめ、多くの代表選手を擁するベトナムの強豪で、現在リーグを2連覇中。今季はリーグとカップの2冠を達成している。両クラブのスポンサーであるビンズオン投資・工業開発総公社(ベカメックスIDC)と東京急行電鉄株式会社(東急電鉄)は、同省で不動産開発案件を共同開発している関係で、2013年にトップチーム同士が親善試合を開催。その後も定期的にクラブ間交流を続けている。

 今回サッカークリニックには、現地の小学生(男児・女児6~10歳)ら約100人が参加し、川崎Fのコーチ陣が子供たちを直接指導。2日目には、川崎Fアカデミーのメンバーらもアシスタントとして参加し、ベトナムの子供らとボールを追いかけながら国際交流を行った。

 親善試合(30分×3)には、川崎F.U-13が出場。一方のビンズオンからは、初日にU-15、2日目はU-13チームが出場した。川崎Fは初日の試合を0-3で落としたが、2日目は3-2で勝利。僅かな滞在期間ではあったが、若い選手らは確かな成長を遂げたようだった。

 川崎F.U-13の高田栄二監督は、「選手たちは、気候もピッチ状態も全く異なるベトナムで、海外のチームと戦うという貴重な経験を得ました。この他にも、ビンズオンアカデミーのメンバーと食事会をしたり、サッカークリニックで現地の子供たちと交流したりすることで、国際経験が養われたと思います。ベトナムの子供たちは、純粋にサッカーが好きな子が多いという印象を受けました。」と語った。


[2015年12月26日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved.  免責事項

この記事へのリアクション

コメントをどうぞ

最新Vリーグニュース

これより過去の記事は、Vリーグサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 サイゴンFC 19 7 23
2 ベトテルFC 20 13 22
3 ホーチミン・シティ 21 12 20
4 タンクアンニン 17 16 20
5 ハノイFC 19 12 19
6 ベカメックス・ビンズオン 15 11 17
7 ホアン・アイン・ザライ 12 14 17
8 SHBダナン 19 14 16
9 ホンリン・ハティン 11 10 15
10 ソンラム・ゲアン 9 13 15
11 タインホアFC 8 13 14
12 ナムディンFC 13 23 10
13 ハイフォンFC 5 16 10
14 クアンナムFC 15 29 9
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 U-19ベトナム代表、カタール遠征最終戦はウルグアイに1-2で逆転負け (18/9/23)
【2】 ハー・ティ・トゥイ18歳、女子サッカー選手になる夢を叶えるため、タイグエンで奮闘中 (26日)
【3】 Vリーグ2が再開、首位BRVTが4発圧勝 トップ6争いは熾烈に (26日)
【4】 新型コロナで延期のAFFスズキカップ2020、来年4月11日~5月8日に開催へ (27日)
【5】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved