日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>女子アジア杯、タイが大健闘も一歩及ばず、PK戦で豪州に敗れ準決勝敗退
女子アジア杯、タイが大健闘も一歩及ばず、PK戦で豪州に敗れ準決勝敗退
2018/04/18 09:00 JST配信
(C) thethao247

 AFC女子アジアカップ2018ヨルダン(兼FIFA女子ワールドカップ2019最終予選)は4月17日に準決勝が行われ、タイ女子代表(A組2位)とオーストラリア女子代表(B組1位)が対戦した。試合は、タイが終盤まで2-1とリードしていたが、後半アディショナルタイムに同点とされ、結局、延長・PK戦の末にタイが敗れた。

 今大会の優勝候補オーストラリアは、グループリーグで東南アジア女王のベトナムを8-0で下しており、タイも劣勢が予想された。しかし、4年前にワールドカップ初出場を経験した躍進著しいタイは、既にアジアのトップレベルに迫っていることが、この試合で証明された。

 試合は、タイが立ち上がりから積極的に仕掛けたが、17分にオウンゴールで失点。しかし、これにもめげず、僅か3分後には速攻から同点に追いつき、1-1で前半を折り返す。タイは前半、守備陣が素晴らしい集中力を見せ、フィジカルを活かしたオーストラリアの攻撃をしのぎ、カウンターで何度も決定機を作った。

 後半に入ると、勝ち越しを狙うオーストラリアがさらに攻勢を強めるが、なかなかタイの堅いブロックを崩せない。逆に63分、相手守備陣のミスを突いて、タイが2点目を決めて逆転に成功。初の決勝進出が目前に迫ったタイだったが、終盤に一人退場者を出して数的不利になると、93分にCKからケネディに頭で決められ、土壇場で同点とされ、試合はこのまま延長に突入。

 一人少ないタイは、延長も死力を尽くしてオーストラリアの猛攻をしのぎ切り、2-2のまま終了。勝敗の行方はPK戦に委ねられることになる。オーストラリアは最初のキッカーが失敗。これで有利になったタイだが、2人目以降のキッカーが3人連続で失敗して、結局、3-1でこのPK戦を落とし、惜しくも準決勝敗退となった。

 なお、同日行われた準決勝のもう一試合では、日本女子代表(なでしこジャパン)が中国女子代表に3-1で快勝。この結果、21日の決勝は、日本vsオーストラリアのカードとなった。敗れたタイと中国は、20日の3位決定戦に進むことになった。


[2018年4月18日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved.  免責事項

この記事へのリアクション

コメントをどうぞ

最新女子サッカーニュース

これより過去の記事は、女子サッカーサッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
順位 クラブ名 得点 失点 勝ち点
1 サイゴンFC 13 3 19
2 ホーチミン・シティ 16 7 17
3 ベトテルFC 16 11 15
4 ベカメックス・ビンズオン 12 7 15
5 タンクアンニン 11 13 13
6 ホアン・アイン・ザライ 9 11 13
7 SHBダナン 16 11 12
8 ハノイFC 13 10 12
9 ソンラム・ゲアン 6 9 12
10 タインホアFC 6 11 10
11 ナムディンFC 11 14 9
12 ハイフォンFC 4 14 9
13 ホンリン・ハティン 7 8 8
14 クアンナムFC 9 21 7
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 オランダ1部ヘーレンフェーンに期限付き移籍のドアン・バン・ハウ、ハノイFC復帰が決定 (11日)
【2】 ベトナム1部ホーチミン・シティ、元U-20韓国代表ソ・ヨンドク選手に独占取材<2> (10日)
【3】 ベトナム女子国家カップ2020開幕、地元ハノイ・ワタベ1が7発大勝で白星発進 (9:20)
【4】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
【5】 ベトナム1部ホーチミン・シティ、元U-20韓国代表ソ・ヨンドク選手に独占取材<3> (11日)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2020 All Rights Reserved