日本語で読めるベトナムサッカーと東南アジアサッカーの専門サイト。その他のスポーツ情報も満載!
[VIETNAM-FOOTBALLにログイン]
 ようこそ ゲスト様 
[VIETNAM-FOOTBALL ID取得]
トップ>ニュース>W杯アジア2次予選、ベトナム、タイ、マレーシアが同居するグループGは6月にUAE集中開催が決定
W杯アジア2次予選、ベトナム、タイ、マレーシアが同居するグループGは6月にUAE集中開催が決定
2021/03/12 16:53 JST配信
このエントリーをはてなブックマークに追加
(C) bongda+

 アジアサッカー連盟(AFC)は3月12日、FIFAワールドカップ2020アジア2次予選の各グループの開催地を発表した。ベトナムやタイ、マレーシア、インドネシアが同居するグループGは、以前から噂されていた通りUAEでの集中開催が決まった。グループGの試合は6月3日から15日にかけて開催予定。

 グループGでは、タイも開催地に立候補していたが、インフラ、設備、感染予防対策などを総合的に判断した結果、AFCはUAEでの開催を決めた。

 ベトナム代表は5試合を終えた現時点で、3勝2分の勝ち点11でグループGの首位に立っており、このベトナムを2位マレーシア(勝ち点9)、3位タイ(同8)、4位UAE(同6)が追う展開となっている。このうちUAEのみ消化試合が1試合少ない。なお、インドネシアは5戦全敗の勝ち点0で既に敗退が決まっている。

 コロナ禍以前に行っていた5試合の結果で、ベトナムが現時点の首位に立っているが、ライバルのマレーシアとタイがすぐ後ろから追随しているため、決して楽観視できる状況ではない。実力的には同組最強と目されるUAEも、ここからの全試合でホームの地の利を生かせるため、間違いなく順位を上げてくるはずだ。

 パク・ハンソ監督は以前、AFC公式サイトの取材に応じた際、「残り3試合で少なくとも2勝しなければ、3次予選には進めないと理解しているし、そのつもりで戦う」と述べていた。なお、ベトナムは6月7日にインドネシア、6月11日にマレーシア、6月15日にUAEと対戦する。ベトナムとしては、最終戦でUAEと当たる前に2勝して史上初の3次予選進出を決めてしまいたいところだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2021年3月12日 ベトナムフットボールダイジェスト]. 
© Vietnam-football.com 2021 All Rights Reserved.  免責事項

コメントをどうぞ

最新ベトナム代表ニュース
これより過去の記事は、ベトナム代表サッカー記事一覧でご覧ください。

Vリーグ順位表
記事ランキング
48時間 1週間 1か月間
【1】 世界の巨大サッカースタジアムトップ10、東南アジアから2か所 (16/9/11)
【2】 ベトナムのローカルサッカースタジアムに行ってみよう! (16/10/9)
【3】 ベトナムのスポーツ界で活躍する8人のホットガール (18/3/30)
【4】 英レスター、遠征先のタイで売春婦と乱交の3選手を解雇 (15/6/18)
【5】 “タイのメッシ”が札幌入り!日本に渡った東南アジア人選手をデータで振り返る (17/6/24)
ニュース | お問い合わせ | 広告掲載
Copyright ©Vietnam-football.com 2021 All Rights Reserved